So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

ついにリベンジ成らず!! [徒然雑感]

お彼岸のお墓参りにとうとう行きそびれていたので、
遅れ馳せながら、昨日=181011(木)に最後のリベンジを計画していた。

その前の日、水曜日は「どうしてくれようか?」と言うほど良いお天気。
その次の日、金曜日も、多少の雲があり、
肌寒くなるとは言っているがお天気は良さそう。

んん~~。。
このお彼岸はお天気の神様に徹底的に嫌われてしまったか・・!!

今日も強行軍で行こうと思えば不可能ではなかったが、
いつにわか雨が降って来るか?

地面が土で、降るとすぐにドロドロになる。

お墓にある多くの木々の根が通路にも張っていて、車椅子で行く度に苦労する。

そういう状態のところに、必ずしも眼瞼とは言えない母を、
車椅子で連れて行くのはやはりなかなか決心がつかなかかったー!!




7月のお盆も、8月の父の月命日にも、あの暑い中、
なんとか行けたのだから。父も聞き分けてくれることだろう。



一番残念がって、一番行きたがっていたのは、当の母本人だったのだが。。





もう少し冬に向かって行けば、天候ももう少し安定するだろう。

年末年始にも毎年どちらかは行っている。


ちょうど寒い頃になるがこの冬は「暖冬」とか・・??





天気予報もどこまで信じて良いのか?

なかなか難しい時代になった。



またの機会に。

少しでも安全に行ける時までお預けとなった。。

nice!(96)  コメント(24) 

台風25号。。 [徒然雑感]

遠く九州に、たった一人、お義母さんが暮らしています。

片目、片耳、片足、等が不自由で、車が無ければ近所に買い物にも行けない土地柄なので、
「施設」に入るよう、主人も説得していますが、頑として聞き入れて下さいません。


「施設に入るくらいなら死んだ方がましだ!!」

とはお義母さんの常套文句。。


お身体が本当に弱った時だけ一時期お世話になった事はありましたが。。

以降はどうしてもお嫌なようです。



今回の台風でも「24号」の時は本当に心配しました。
「25号」は九州の北部へ抜けてくれて、なんとか一安心・・??

と主人もワタクシも、「5日(金)」は、前々からの約束もあり、朝から外へ出ていました。

ワタクシは朝から3件ほどの用事があり、うち2件を済ませて午後3時半頃一旦帰宅。
また荷物を替えるなどして、すぐに3件目に飛んで行く予定でした。

自宅に戻って超特急でバタバタやっていたところへー!!

電話が鳴りました!!

元実家の屋根が飛んだ件もあります。
九州のお義母さんの、おうちの周りの件もあります。

「留守番電話があるんだし。。」

とちら、とは思いましたが、やはり気になるので急いで出てみました。

お義母さんから、です。


「水が玄関まで来ていて、何処にも行けない!逃げられない!!怖い!!」


他にも、
「見守りをして下さっている施設との道路が寸断されて、来て貰えない!!
 電話も繋がらない!!」


「朝からなんにも食べていない!!」

等々、パニックになっていろいろとまくしたてます。
矛盾も多く、仰っていることも半分くらいしかわからず、どうにも手だてがありません。


主人は携帯も身近にはおけない場所に行っています。


「もう、お昼の用意して食べなくちゃ!!」

等とも仰るので、

「あれ?水は?」

「。。。。。お昼を用意しよう、と言うことは水はそれほど差し迫っていないかな・・??」


確かにおうちの前に川が流れていて、昔から台風などの度に何度も水が上がっているのです。

主人の実家は、所謂谷底にあります。

昔、水が貴重で、でも今のように治水技術が進んでいなかった頃は、
谷底の、水がいくらでも供給できる土地が一等地だったそうです。

今は皆さん、出来るだけ高台に行かれますが。。





一気に吐き出すように喋られて、少し落ち着かれたのか、なんとか電話を切らせて
下さいましたので、「施設」の方にも電話してみました。



「今日の午後2時半に伺って、お昼も食べて頂いています。
 水が上がるなどの心配も全くなかったです。」


「?????」


台風の暴風雨の怖さや、一人ぼっちの心細さ、等々、で、
お義母さんのさっきの電話になったのでしょうか・・??




「施設」側に、

「可能でしたら、母が物凄く怖がっていましたので、
 もう一度様子を見に行って頂けないでしょうか?」

そうお願いするのが精一杯でした。








日も暮れてー。


主人から「母と話した。心配無い。」

とのメールがあり、ようやくほっとしましたが。。



お義母さんも「90歳」をとうに過ぎていらっしゃいます。
普通なら、娘やお嫁さんに、何もかもして貰って左うちわで、
余生を楽しんでいて良いお年です。




「こんなこと」があると、益々「施設」に入って頂きたいのですが。。




「あそこには変な人が一杯居るから絶対に嫌だ。」


と仰るお義母さんのお気持ちを無視するわけにはいきません。。
nice!(86)  コメント(19) 

屋根が飛んで。。 [徒然雑感]

元々母や弟が暮らしていた元実家の屋根が
強風で剥がされ、飛ばされてしまいました!!
(今は弟一家が住んでいます。)



前のおうちの駐車場に突き刺さり、まあ大変!!
大至急回収して、前のおうちへのご迷惑は最小限で済んだのですが。。



3年前に一大リフォームしたばかりの家でしたが、
屋根だけはしていませんでした。

「しっかりしていたから、その必要は無いと思ったんだ。。」

とは当時、リフォームを請け負って下さった先生方のお話。。
(ワタクシが所属している建築の勉強会の先生の建設会社にリフォームを
 お願いしていたので・・)




2階は雨漏りもして大変です。
あちらこちらで、屋根が同じように飛ばされていて、
今、屋根屋さんは大忙しとか。



元実家の屋根も、現場確認に来て頂けるのが、
明日の木曜日の午後になってしまいました!!
(飛ばされたのが9月30日(日)で、わかったのが、
 10月1日(月)の夜でした。)


次の雨が降る前になんとか出来ると良いのですが。。


一体いくらかかるやら。。



nice!(90)  コメント(23) 

台風24号。。 [徒然雑感]

まさしく「今!」暴風雨が吹き荒れています!!

昨日は、主人の田舎が台風に直撃され、一人実家に残っていらっしゃる
お義母さんが心配で、主人はあちこち、田舎の方々と電話で連絡を取っていました。

夕方頃には、台風が関西辺りに居て、お義母さんのところも通り過ぎ、
こちらは、まだ嵐の前の静けさ、でー。

そんな中、お義母さんからの電話で。

「家の電話が使えなくなった。広い範囲で停電している。」

とのこと。

また、
「台風が通り過ぎてくれて一安心ね。」

と主人に言ったところ、

「まだ、川の上流に降った雨が川を氾濫させる恐れがあるから安心できない。
 土砂崩れの恐れもある。」

と。


こちらも雨風が今までに経験が無い程に強く、「9月30日」の夜は、
友人たちと食事会だったのですが、この台風のお蔭で「中止」になってしまいました。。


大変な被害を受けている方々、被災されている方々、
には誠に申し訳ないのだけど、
この「9月30日」の夜のスケジュールを空けるのは、
なかなか大変だったので、残念でなりません。。(ぐすん。。)



今度は何時、みんなと食事会が出来るやら。。
年内に「忘年会」でも出来れば嬉しいけどなぁぁ。。



★★★

被災された方々、非難されている方々、には、本当に心からお見舞い申し上げます。


nice!(75)  コメント(13) 

お彼岸。。 [徒然雑感]

このお彼岸には、とうとう「お墓参り」に行けそうにない。

先週の木曜日、20日が、唯一「母が行ける日」だったのだが、
雨が結構早い時間から降り出してしまい、予報ではゲリラ豪雨並みになるとの事。

古い墓地で下は土と敷石。
かなりの樹齢の立派な木があちこちにあるだけで、
雨が降った時の逃げ場は何処にも無い。

仕方なく中止。



リベンジの日がまた難しい。。

母のショートステイ(お泊りケア)とデイサービスで、行けない時間をより分けて。。

なんとか今週火曜日、25日の午後3時過ぎなら行けるかもしれない予想がついた。

しかしながら、明日の秋分の日を前に、今日の日曜日は気持ち良く見事な秋晴れになったが、
明日からは、3日間程、雨がぱらつく(どの程度か?)と言う。

車椅子の母にとって、雨は大敵。。




7月のお盆にはなんとかお墓参りに行ったし、
8月末の父の命日でもあの暑さの中、なんとか行けた。

このお彼岸は「もし行けなく」ても、父も我慢してくれるだろうか・・??



そういえば。
今年はまだ、彼岸花、見てないなぁぁ。。

お墓参りに行けば、墓地の片隅に一輪や二輪、見掛けることが出来るのだけどー。


夏の朝の蓮も、とうとう見逃した。
蓮の花は、この何年、ずっと機会を逸している。

「朝早く」と言うのが、時間が取れない・・!!



nice!(95)  コメント(23) 

サッポロ千葉ビール園。。 [徒然雑感]

ビール工場-180916-1-.jpg

ビール工場-180916-2-.jpg

ビール工場-180916-3-.jpg

ビール工場-180916-4-.jpg

ブロガー仲間のKさん主催で、津田沼駅か習志野駅からシャトルバスで行く、
サッポロビールのビール工場オフ会がありました。

約80分、歩き詰めで、にこやかなお姉さんの開設を聞きながら、
広い工場中を
ぐるぐるぐるぅぅ~~~!!
と見て回ります。

車椅子対応も「それなりに」あったようですが、原則普通のコースでは
エレベーターは一切使わず、基本階段です。

足の悪いおばあさんとしては、この「80分歩き詰め」が結構堪えました。
なんとか皆さんに遅れずに最後まで自力で歩きとおしましたが。。

翌日、翌々日と、死んでいたのは言うまでもありません。。




見学コースの最後にビールの試飲があります。
「試飲」とは言うものの、「1杯=380ml」もあるのを一人「3杯迄」頂けます。

見学の後、工場に併設されている「ビール園」の中のレストランで、
「食べ放題飲み放題」の宴会です。

「3杯の試飲終了後」、
誰ともなく、「この後の食事はもういらないくらいだね。。」






なぁ~~に!!

「ビール園」に移動したら、どなた様も食べます飲みます!
どんどんどんどん!!

こうして楽しく賑やかに終了いたしました。






ワタクシは1番早く来たタクシーに乗せて貰って、津田沼駅まで戻ったので
後がわからなかったのですが、タクシーは「その1台」しか来なかった様子で。。


後の方は皆さん、約3kmの道のりを、見学であれだけ歩かれた後、
しかもビール園でさんざん飲み食いした後、歩いて最寄り駅まで戻られた由。

皆様、つくづくタフです。。


タクシー組の4人も、ワタクシ以外は、
「俺、歩けば良かったなぁぁ。。」

と言う方がちらほら。。

渋滞などもあって、4人で乗ったのですが、一人当たり「610円」ものタクシー代が
掛かってしまったのでした。。

駅まで戻る「無料の」シャトルバスは、夕飯を食べた後の時間だと「もう無い」ようでした。






この日は津田沼駅のシャトルバス乗り場で、ブログ仲間のYさんがサプライズで
ご登場下さり、差し入れ迄頂いて。。感激一入!!

前々から一度お会いしたかった方だったので、本当に感激しました!!




また、見学中は、結構数があった階段を、皆さん、お喋りしながらすたすたと
歩いていらっしゃるのを見て、改めて、「手摺りが必須の我が身」を鑑み、
「嗚呼、ワタクシも年を取ったなぁぁ。。体力も落ちたなぁぁ。。」
としみじみ。。




普段、母の世代や、それ以上のお年の方達とのお付き合いをしていて、
後は母たちのケアをして下さるいとうら若きスタッフさん達ばかり。。





と言う、我が身の特殊事情を改めてつくづくとと実感させられました。






次回は「アサヒビール工場見学!!」

と手を挙げていたのですが、どうにもこうにも。。
今回のこの見学コースの様子からして、あまり参加しない方が良さそうな気が。。

うぅ~~ん。。

大好きな「アサヒビール」だけに、想いは複雑です。。


nice!(82)  コメント(19) 

さ、寒い!! [徒然雑感]

いくらなんでも急に寒過ぎません!?

夏バテした身体が本格的におかしくなりそうです。。
nice!(95)  コメント(26) 

お誕生日会。。 [徒然雑感]

誕生日会-180905.jpg

約半月遅れ。。

前々から行ってみたかったレストランに連れて行って頂きました。。




台風21号がなんとか行った、と思ったら、今度は「北海道に地震は無い」
と長年言われて来たその北海道で、「震度6」「震度7」の大地震が
起きてしまいました。

心よりお見舞い申し上げます。


この夏は、まさに災害列島になってしまいましたね。。
nice!(98)  コメント(23) 

お陰様で。。 [徒然雑感]

丸11年を越えましたー!!

今後とも宜しくお願い致します。



そういえば。。
今日から「9月」でしたね。
特に「9月1日」は「防災の日」。。

この夏は本当に自然災害の多い夏になりました。。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。。
          (本編記:180831.
           追記文:180901.)


****************************


こんにちは、向日葵さん。

「himawari turedureni」のブログレポート/7月分 ≪前編≫

ブログ年齢11年0カ月今月でブログ開設からちょうど11年です

マメ度3 あなたのマメ度は標準的です。

フレンドリー度5 あなたのフレンドリー度は最上級です!

※マメ度:前月の記事更新数に応じて算出されます。最高マメ度は「5」です。

※フレンドリー度:前月のnice!数に応じて算出されます。最高フレンドリー度は「5」です。


nice!(92)  コメント(21) 

誕生日。。 [徒然雑感]

誕生日の花-2018-1-.jpg


誕生日の花-2018-2+-58.jpg


                   うちは、主人、母、ワタクシ、と3人とも
                  「8月生まれ」です。

                  3人でそれぞれにお祝いをしあいますが、
                  唯一の男性である主人が、何時からか「花束」を
                  買って花を添えてくれるようになりました。





60歳+αともなると、嬉しい、楽しい、だけでは済みません。。

母の介護も10年を超え、当初は、まだまだ踏ん張りが効きました。

介護生活10余年。。

足腰は勿論、腕のだるさなども加わり、最近は母の車椅子を推すのが一苦労です。
正直、母の乗っている車椅子が、本当に重く感じられるようになりました。


ちょうど誕生日の前日からその日に掛けて、とにかく今迄経験したことが無い
どうしようもない疲れと倦怠感、頭痛を感じ、



それでも(当たり前ですが)母の介護、世話は待ってくれずー!!




お義母さんの事を思ったら贅沢過ぎるたわごとです。
お義父さんの介護は、お二人が齡70を過ぎてから始まりました。

それも今から20年以上も前。
今のような介護保険も無ければ施設だって無いに等しい。。

そのお義父さんが亡くなるまで約20年間、お義母さんは一人、孤軍奮闘なさいました。
本当に頭が下がります。


今迄はお義母さんの援軍に故郷に駆けつけていた主人でしたが、
お義父さん亡き後、もうお義母さんがボロボロでー。


今は専らお義母さんの介護のために帰郷しています。





ワタクシもついつい寝る時間を削ってあれこれしてしまい勝ちですが、
その反動もあるかもしれませんね・・?



誕生日前日から誕生日に掛けて、

「本当にどうなってしまうんだろう・・??」

と言うほど体調が悪く、正直怖い思いもしましたが、

「ちょうど良い機会」

を貰った、と考えて、自分の健康、生活を少しずつでも見直していこうと
思っています。

nice!(90)  コメント(35) 
前の10件 | -