So-net無料ブログ作成

お墓参り-2017夏、報告書 [徒然雑感]

お墓参り2017夏-1.jpg

お墓参り2017夏-2.jpg

お墓参り夏2017-3.jpg

今日は奇跡的に晴れ間が覗き、なんとか降らないでいてくれましたので、
思い切って「お墓参り」に行って来ました。

雨がずっと降っていたので、やはり下はどろどろ。
古い霊園なので毎回悩まされています。

雑草も伸び放題。
物凄い状態です。

2-3日前に「お墓参り」に来て「お花を上げて行ってくれた方」があったらしく、
多分「あの方」だろうと思います。

雑草は、時間がなかったのでしょう。
手をつけた様子がなかったです。

いつものお花屋さんのスタッフの方が一人、雑草取りを一緒にかなり頑張って下さり、
お墓も見違えるように綺麗になりました。

雑草取りと、その後の母の車椅子の車輪などの泥取りに結構時間を取られ、
いつもの倍近く、お墓に居たと思います。

7月のお盆にもお墓参りに行けず(暑過ぎて)、
今回の8月のお盆も雨続きで「どうなることか」と思っていました。
8月末にある父の命日にも、こんな様子ではわかりません。

お墓を出る頃にはまた黒い雲がかなり出て来ていて、心配しましたが、
なんとかお墓参りは無事に済ませる事が出来ました。  やれやれ。。

nice!(90)  コメント(17) 

念願の「こうちゃんちの向日葵畑」!! [徒然雑感]

元気向日葵-100810-2.jpg

元気向日葵-100810-3.jpg

元気向日葵-170810-1.jpg

向日葵の蕾-170802.jpg

向日葵のおじぎ.jpg

おじぎ向日葵-170802-3.jpg

おじぎ向日葵-170802-2.jpg

おじぎ向日葵-170802-1.jpg

世田谷区にある「こうちゃんちの向日葵畑」!!
ようやく咲いている向日葵とご対面!!

初めに見に行った時は「おじぎ向日葵」のお出迎えで、
このような形状の向日葵は生まれて初めて見る物だったので、
とにかくびっくりするやら、がっかりするやらー!!

同行してくれた知人が田舎生まれ田舎育ちで、植物にも詳しいので、
すっかりおじぎしてしまっている第一弾のおじぎ向日葵の横で、
次に咲くのを待っている「蕾」の状態の向日葵を教えてくれて、
「蕾」状態の向日葵も、これまた生まれて初めて見たのでした!!


初めに行った日は、「第一弾は既におじぎ状態、第二弾はまだ蕾なので
見に来るのにはタイミングが最悪です。」

と、「こうちゃんちの畑」のホームページでわかってはいたのですが。。

「連れ」は「またの機会にしましょうか?」
とも聞いてくれたのですが、その「またの機会」は来年以降になるのは
わかっていたので、「おじぎ向日葵しか見られない」と承知で見に行ったのでした。


母の体調とお天気次第ですが、もしかしたら、その8日後に
「もう一度」母と行けるかもしれない日があってー。

8日後なら(その「連れ」に寄れば)確実に第二弾の向日葵たちが咲いている!!
らしいのです!!

そして8日目。
母の状態はまずまずだったのですが、お天気がイマイチ。。

どうしたものか、さんざん悩んだ挙句、
午前中に行って、ランチを何処か外で食べて、おやつ頃迄には帰宅している予定、
でしたが、

お天気に迷ってまごまごしてー。
最悪、タクシーの中から向日葵畑を眺めるだけでも良いか・・??

とも思い、昔の東京のお嬢様である母も、驚くほど自然と縁がありません。

ので、勿論向日葵畑も見たことが無い、とわかったので、
本来なら帰宅している予定だった午後2時過ぎ、重い腰を上げて、
「こうちゃんちの向日葵畑」に向かいました。

メトロ、JR、小田急、と乗り継いで、成城学園前駅からはタクシーです。
初めに行った日はバスを使いましたが、車椅子の母には無理。。

バスに寄っては「車椅子で乗れるバス」もあるようですが、
まだ一度のお世話になった事はありません。

駅前からタクシーに乗って、
プリントアウトして来た「こうちゃんちの向日葵畑」の場所を運転手さんに説明し、
住所もわかっていたので、割とすんなりと行く事が出来ました。

運転手さんに寄れば、成城学園前と二子玉駅とを繋いでいるバス路線が
走っていて、成城学園前駅からなら歩く人が多い程度の距離、
二子玉駅からだとちょっと歩くのは無理ー、と言った場所だそうです。



そしてー!!

初めに行った時にあんなに堅い緑色の蕾だった向日葵が、
見事に咲き誇っていました!!

他にも見に来ている方たちが結構いました。
カップルと女性同士での見物客とが大体半々。。

母はタクシーからは降りずに、タクシーの中から眺めるだけでしたが、
ワタクシはここにupする画像を撮りたいのもあって、
少しだけタクシーを降りて写メでパチパチ。。

この場所ではとてもタクシーを拾えないので、
始めから「待っていてもらう」予定でした。

5分も滞在したでしょうか・・??

仮に車を降りても、向日葵畑の中に迄は入っていけませんので、
車椅子の母には、タクシーの中から眺めるので「ちょうど良かった」のかも
しれません。

成城学園前駅からの往復と、少し待って貰っていた時間とを入れて
約2500円のタクシー代でした。

母も生まれて初めて見る向日葵畑だったようです。
その場では特に何も言っていませんでしたが、手帳替わりにしている
卓上カレンダーに「向日葵畑に行く」と書き込んでいたのに
夜、自宅に戻って、寝る前に気付き、

「それなりに楽しんでくれたのかな・・??」

と少しほっとしました。

「車椅子」と言うだけで、旅行は勿論ですが、お芝居や講演会、
今回のような畑の見学、等でも「制約」がいろいろと多く、
始めのうちはいろいろと挑戦していた母も、
だんだんと嫌気が差して来てしまったみたいで、
最近はあまり、何処にも行きたがらなくなっていました。

どこに行っても、周りの方々に「すみません」「通して下さい」

等といちいちお願いしながら、気を遣いながら、でないと動けないのが
やはりとても気持ちの負担になっているのでしょう。。


「おじぎ向日葵」に付き合ってくれて、「蕾」等、いろいろと教えてくれた
知人に改めて感謝です!!

nice!(90)  コメント(17) 

お陰様で。。 [徒然雑感]

のろのろと20日間近くも日本列島を縦断していった台風5号。。

まあ、本当に今回は何度も肝を冷やしました。



お陰様で南九州に一人暮らしている義母も、なんの被害も無く無事でした。

昨日の朝の飛行機も、なかなか取れなかったチケットだったようですが、
なんとか無事飛んでくれて、おおまか予定通り、実家に帰省出来た模様です。

皆さまにもご心配頂き、本当にありがとうございました。

帰省した主人にはこれからの一週間(=帰省している間ずっと)
「過酷」としか言いようのない毎日が始まる訳ですが。。

義母の介護、
義母に代わって家の事全部仕切って、
近所への挨拶、他、
義母がお世話になっているご近所、親戚、施設、等々へのご挨拶、

加えてー。
役所の方や、施設の方たちとの諸々の打合せ、

等々。。

まさに八面六臂の大活躍。。
結婚とほぼ同時に義父の介護生活が始まり、
(お義母さんがお義父さんを自宅で看る老老介護)
年平均10回位、田舎に飛びーー。。

我が夫ながら、良く20年以上も同じようなペースで続けて
来ていたと感心一入です。

ワタクシが母の介護で、身体中、あちこちガタが来ているように、
ワタクシより今少し年上の主人も、いろいろと不調があるようでー。。

今まで、義父や義母をお願いして来た田舎の親戚やご近所の方々も、
寄る年波で、ご家族やご本人がそれぞれに体調を崩されることが多くなりました。

「今までのようには手伝えない。」

とはっきりと言われて来た方もあったようで。。



主人共々、まだまだ実感がありませんが、
自分たちの老後を視野に入れて、いろいろ学んでいかないと
ならないところに来ているようです。


nice!(86)  コメント(16) 

避難準備指示警報。。 [徒然雑感]

「50年に一度」と言う台風5号がのろのろと南九州に上陸した模様。。

義母の住む辺りにも「避難準備指示警報」とやらが出たとの事。

明後日8日(火)には、主人が夏季休暇で帰省する予定だったのだが、
下手をすると台風5号の関東上陸が「8日(火)の午前9時」とかで、
飛行機が飛ばない(飛べない)可能性もある。

お天気ばかりは「祈るしかない」「願うしかない」。。

90歳を超えて一人住まいのお義母さんも、さぞや心細いと思う。
主人もそれこそ今すぐにでも飛んで行きたい思いは山々だろう。


昨日=土曜日、今日=日曜日、と、時折不穏な雲が出たりして、
すっきり、とはいかないが、久しぶりに晴れている関東。
昨夜は関東のあちこちで花火大会もあった様子。(行きたかった!!)

何卒ー!
何卒、被害の少なくあらんことを!!(祈!!)

nice!(79)  コメント(15) 

8月になりましたー!! [徒然雑感]

花-藤づる、ユリ、ドウダンツツジ-170726-1.jpg

藤づる、ユリ、ドウダンツツジ-170726-2.jpg

  -藤つる、ユリ、ドウダンツツジー


早い!早いです!!
とにかく早いぃぃ~~ぃ!!!

「時」は本当に待ってくれませんね。。

とてもとても辛かった時、ただただ「時が過ぎてくれるのを」
じっと耐え忍びながら待ったこともありました。

「時が行く」

ありがたいことではありますが、やはりあまりの速さ(早さ)に
時折愕然としてしまいますー!!

葛飾の花火大会-170725. [徒然雑感]

花火大会-170725-1.jpg

花火大会-170725-2.jpg

花火大会-170725-3.jpg

全国的にあちこちで酷い雷雨が頻発!!
ワタクシのところは「注意報」だけで、「ぱら」とも降らなかったのだが、
連れの近所では酷い雷雨だったとか。

「こんな雨で本当に花火大会するのぉぉ・・??」

ホームページで確認すると、
「開催決行。但し天候に寄っては途中中止もあり。」

なに?
この玉虫色の回答!!

とりあえず、出遅れたのも含めて、
花火大会会場で、雷雨に見舞われるのも覚悟した上で、
出掛けたのですが。。

残念なことに、正味60分の花火大会の、半分は終わってからの到着となり。

また、何処まで行っても座れるところをみつけられず、延々と歩く羽目になり。。

それでも歩きながら、花火だけはしっかりと見ました!!

後半の30分だけでしたがー!!

「関東の花火大会ではランキング1位」
と聞いていましたが、なかなかの仕上がり。

演出過剰だった「足立の花火大会」とは逆で、こちらは「殆ど演出無し」


最後の最後に光の拍手。
花火師さんへのお礼の(携帯の)光のシャワーをどうぞ。
花火師さんからのお礼の花火です。


には思い切りずっこけましたがー!!


行きも帰りも初めて「柴又経由」で行ってみて、
とらさんの街、昭和レトロの柴又界隈も満喫して来ました。


来年は「有料席」を買っても良いかも・・??

等と話しながら帰途に。。


足立の花火大会-2017 [徒然雑感]

花火-170722-2.jpg

花火-170722-1.jpg

花火-170722-3.jpg


2017.07.22.(土)、足立の花火大会に行って来ました。

なんとか今年も行けました。
加齢とともに年々行くのが辛い「行」のようになって来ています。

最近では毎年のように「花火大会に行けるのもこれが(今年が)最後かも・・??」

と毎年行く連れとお互いに言い合っています。


今年の「足立の花火大会」は、あまりにも演出過剰で、些かシラケ気味。。

もっとおおらかに普通に見せてくれないものでしょうか・・??


初めての「雹」体験!? [徒然雑感]

朝から暑くて暑くて。。
その暑さを最大限利用して洗濯物を干す!!

暑い中、日焼け止めクリームとサンバイザーで完全武装してー!!

昼過ぎ、空が矢鱈と暗くなって来て、ぽつぽつと落ちて来た。
ちょうど母の訪問リハビリの療法士さんや訪問看護士さんなどがいらしていて
すぐには洗濯物を取り込めない。

まあ、ちょうど終わりかけていたのと、雨がそうそう急には酷くならなかったので、
まだ鷹揚に対応出来ていた。

リハビリ療法士さんや看護士さんが次の方のところへ向かう為帰られて、
急いで取り込んではみたものの、まだ生乾き状態。。

その頃には一応雨がやんでいたものの、空は真っ暗!
遠くに聞こえていた雷がかなり近くなっていてー!!

そのうち、雨や風の物凄い音に雷が時折交じる、なかなかの交響曲になり。。

取り込んだ洗濯物を浴室乾燥機に干し直す間も無く、家じゅうの窓と言う窓を
片端から閉めに回った。
その時には既に「雨」と言うより「雹」になっていてー!!

びっくり!!

直径2-3cmもありそうな堅い氷の塊が、まさしくバラバラと降って来る!!

窓にはあまり当たらないとは言うものの、当たったら相当のダメージを
受けるだろうなぁ。。
と思いつつ、防弾ガラスとまでは行かないけれど、
二重になっているし、防音は施されているから「まあ、大丈夫だろう。。」

とは

思ったものの、バルコニーに降って来る雹はもろにバルコニーの床面に
当たって、物凄い音を立てる。
2-3cmの大きさ、と言ったら「小石」程度なのだろうけど、
そんなものが無数に空から降って来るなんて、生まれて初めての経験だった。

よくよく思い返していみると、生まれてからずっと、
関東平野の中=都内で暮らして来ているので、「雹」に遭遇したこと自体が

「初体験」!!

のようだ。
あんな大きな(?)固そうな雹が空からバラバラ落ちて来る。
当たったら本当に痛そうだ。

玄関のドアも風圧で開けるのが一苦労。
「様子を見に」外へ出ようかとも思ったが、
マンション中が悲鳴を上げているかのように物凄い音で
きりきり舞いして、まさに悲鳴を上げているかのような状況で、
とても一歩を踏み出せなかった。

「そう長くは続かないだろう。。」

との思いは正しく、30分もしないうちに空は明るく晴れて来て、
雨も風も止んで、ついさっきまでの
「あの起床状況は一体何だったんだろう・・??」
状態。。

まさにバケツをひっくり返したような雨が降ったので、
流石に少しだけ涼しくなったのだが、部屋を閉め切っていたので、
すぐにむぅ~~ん、と暑くなって来てしまった。

今度は慌てて家中の窓を開ける。

銀行やクリニックに出掛ける予定だったのだが、出かける前にこの騒ぎ。
むしろラッキーだったかなぁ~ぁ。。


リハビリ療法士の先生や看護士さん達はあの暴風雨の中、大丈夫だったかしらん・・??

一息ついた頃、TVのニュースで、駒込駅の駅舎の天井が剥がれてしまった、
とか、
普通の民家の窓が、雹で割れてしまって大変だった、
とか、
都内や神奈川のあちこちで、かなりの範囲で停電があったとか。。

山手線すら一時的とはいえ運転を中止した、とか。。



貴重な体験を致しました。。


この雨を潮に、梅雨明けするかもー、との話。

梅雨明け後の夏の暑さ、やはり長期予報の通り「尋常ではないらしい」
とのこと。


諸々気を付けて、なんとか乗り切れるよう、頑張りましょう!!

「お墓参り」に行けなくて。。 [徒然雑感]

今日(=170713)は珍しく母の予定が何もなくて、
今年25回忌になる、父のお墓参りを考えていた。

茹だるほど暑い毎日。
お陰様で洗濯物は良く乾くので助かる。

干す時と取り込む時はまさに地獄の様相を呈していたが。。
エアコンはもう起きると同時にスイッチオン。

昼前には33度を超えていた模様。
この暑さに寄る汗で、タオルはどれだけあっても足りそうにない。

その洗濯物を干す時、あまりにも風が酷く、
その風圧で窓の開け閉めすらままならない。

洗濯物は羽が生えた如く飛んでいってしまいそうだ。

それでもなんとか、いつもより50%増し位に、
厳重にピンチで風に対抗し、なんとか干し終えて、
遅めのお昼を食べ終えたら午後2時近くになってしまった。

お墓の近くにある花屋さんからは、店主のおばあさんがご高齢で、
「出来るだけ早仕舞いしたいので、3時前までには来て、
(お墓参りを)済ませて欲しい。」
と言われていた。

この猛暑の中、一番暑い午後2時近辺に、お墓まで出掛けるのも
どうにも辛かったが、その行きつけの花屋さんが閉まるまで正味1時間も無い!!

に、今日のこの風!!

暑いので、エアコンを入れていないところは窓が全開。
その窓から入る風だけで、リビングに置いてある小物や軽いものが
悉く宙に舞ってしまい、ひっくり返って壊れてしまったものまである始末。


あまりの猛暑と、
正味1時間無い時間と、
その酷過ぎる風と、

で、結局今日のお墓参りは諦めざるを得なかった。


明日=金曜日から来週日曜日迄、2泊3日のショートステイで自宅には居ない。
日曜日の夕方の帰宅なので、お墓参りにはとても行けない。
月曜日も朝から夕方までデイ・サービスに出掛けることになる。


やはり、どう調整しても「今日しか」、お墓参りに行ける日はなかった。。


8月の旧盆、また、父の命日が8月末にあるので、
その際にリベンジすることにして、母には納得してもらった。


昔、父も母も若く、私たちがまだ子供だった頃には、
多少の雨でもお墓参りには行った。(行けた。)

「年を取る」と言うことは「お墓参り」一つ、
自由に行けなくなることなのだなぁぁ。。


としみじみ。。



祝儀の会はともかく、高齢になると「不祝儀の席」すら、
なかなか思うに任せなくなる。

今回の事も「根っ子」は同じことか。。



極楽鳥の親分・・?? [徒然雑感]

ヘリコニア-2-170705.jpg


ヘリコニア-1-170705.jpg


ヘリコニア-3-170705.jpg


・・みたいな花。。

極楽鳥、軽く3本分位はボリュームがあります。
「ヘリコニア」とか言う名前のようです。

このまま極楽鳥みたいにあまり姿形を変えないのかしらん・・??
ご存知の方いらしたら、是非是非お教え下さいまし。。

メッセージを送る