So-net無料ブログ作成

時間が!!日にちが!!! [徒然雑感]

桃、4種-2.jpg

桃、4種。。.jpg

        <桃、4種>

   

無い!無い!!無いぃ~~~ぃ!!!


ただですら、余裕の無いきちきちの予定だったのに、
母の時ならぬ緊急入院があって、
順調に行きそうだった「報告書」が頓挫!!

1月中には「報告書」を提出して、2月前半には「確定申告」も終わらせてー。

母の入院後もバタバタが続きー。
お蔭様で母は「在宅に戻れるほどではありませんが」元気になり、
「出来るだけ早い退院」を勧告されー。

転院先を探すのに走り回り。。

そうこうするうち母はもっと元気になり、転院の必要もなくなり。

しかし「在宅」には「まだ無理」だから「老健」へ?

その「老健」も戻れないので他を探しー。。。。。。。

2月半ばも過ぎる頃、滅多にない幸運!!
前に居た「老健のベッドが空いた」と言うタイミングの良さ!!

いくつかの条件は追加されたものの、3月末まで「老健」でお世話になれることに。。




去年も同じことを書きましたが。。


    1月は「行く」

    2月は「逃げる」

    3月は「去る」


と昔から良く言うそうでー。

まさに「1月は速足で言ってしまい」、
2月は「いつから2月だったの?」と言うほど「あっ!」と言う間!!
(まだ2日ありますが。。)



でね。。
「報告書」は、母が入院した「1月下旬」から「ぱったり」-!!

「確定申告」も、今年こそ「2月前半迄には」とお約束していたのですが、
未だ手付かずー!!


ひぇぇぇ~~~ぇぇぇ!!!


今日明日のこの週末でどれだけ出来るかが天王山!!

泣いてる間もありません!!



お願いだから「2月」さんや、まだ逃げないでおくんなまし。。グスン。。


   

「報告書」がねぇぇ。。ヒックヒック! [徒然雑感]

酷く長くなってしまいました。
お時間のある時に流し読みして下さい。

桃、4種。。.jpg
<桃、4種。。>
****************************************************

1月28日(木)の、母の緊急入院で、「あと少しで完成!」
「1月中の提出も夢ではないかもー!?」

と取らぬ狸の皮算用ー!
大甘に甘く見積もっていた「報告書」がぁぁぁ。。。。。


緊急入院の直後は「命の危険もある」とかで、「24時間体制で待機」

ようやく母が元気になって来た、と思ったら、

「容態が落ち着いたので、療養型病院へ転院して下さい。」

と病院側から冷たいお言葉。。


はいはい、わかってますよ。
23年前の「父の時」もそうでしたものね。。


とは言え、ただですら「書類」で忙しい「1月~3月」
だからこその「老健入所」だった、と言うのにー!!


転院先の病院探しもままならないまま、
区役所へ行かされたり(要介護度が変わりそうだから、と)、
老健との折衝があったり、


お蔭で「報告書」は「ぱったり」「しっかり」止まったまま!!

1月中旬に詰めてやっていたので、怒濤のような毎日に振り回されているうち、

「何をやっていたのか?」

その内容まですっかり頭から抜けてしまって。。




幸いに、母の回復が思ったより早く、

また、
普通、前に居た老健に「また戻る」と言うのは、
「ベッドが空いてない」=「母が入院したので、順番待ちの人がそこへ入ったので」

と言う事情があって、まず戻れない。



のだが。。

たまたま、母の後に入った方が「ショートステイ」(=短い期間のお泊り)
だった為、母の退院(=転院)期限ギリギリ位には、

「前に居た部屋が空く」と言う!!



なんという幸運!!



病院のソーシャルワーカーにも手伝って貰いながら、別の老健も
探している段階だったのだが、なかなか思うようなところが見つからない。


先々週の水曜日にソーシャルワーカーには「お断り」の返答が来ていたそうだが、
その連絡を受けた直後、老健から自宅に電話が有り、
「家族面談に来て欲しい。」
と言って来た。

つまりー?


結果、土曜日に面談に行き、いろいろと話し合った結果、
幾つかの条件付きで、再入所=受け入れが許可された。


今度は「退院」

手続きやら支払やら。。

病院から老健へも、「まだ普通のタクシーでは心配」とのことで、
「介護タクシー」を利用。

これが至れり尽くせりなのだが、何せ高い!!

通常、普通のタクシーで1000円前後のところ、
ストレッチャーなら「8000円」
車椅子なら「5000円」が相場。

普通のタクシーだって十分高いのにぃぃ~~ぃ!!!



なんとか「きっかり3週間」の入院で、老健に戻ったのだが。。

老健再入所の準備(着替えやら薬やら書類やら。。)があって、
再入所の前日(?)は寝られたのが朝の5時半だった。



この3週間、殆ど似たり寄ったり。。


慢性寝不足。。
寝落ち放題。。
気になる「報告書」。。


木曜日と金曜日に、少し稼げると思っていたら、
疲れが出たのか、「報告書」と格闘しながら、気が付くと寝落ちしてしまっている!!


土曜日にはマンションの「修繕分科会」と「理事会」があり、一日潰れー!



ようやく今日(もう昨日)日曜日、なんとか少しだけ進めることが出来たー!




「これでなんとか提出出来るかな?」


と去年、提出した物と見比べてみるとー?




あらららら?

まだ、もう少しコピー取りやら「直し」が必要・・・???



今週中には「確定申告」も書類を集めて、
顧問税理士さんに郵送してしまわないとならないのに!!


(ホントに)間にあうのぉぉぉ~~ぉ!?!?!?(号泣!!)

お雛様。。 [徒然雑感]

お雛様(ガラスケース)-160214-8-2.jpg

お雛様(ガラスケース)-160214-3-2.jpg

おそらく、ワタクシの初節句の時に、両親がワタクシの為にかってくれた
ガラスケース入りの実にコンパクトなお雛様。
当時、団地やら核家族化やらで、こういったコンパクトなお雛様がとても流行りました。

長い事、元実家に置きっぱなしでしたが、弟が職場である施設に寄付しました。

さもなければ「うちで引き取るか」「処分するしかない」となり、
未練はありましたが仕方なかったです。

古めかしい分、上品で上等にも見えたようで、施設の方々には
「綺麗!」
「可愛い!」
ととても喜んで頂けたそうです。

中でも、
「小さくてコンパクトで、出し入れや管理が楽そうで助かる!」
とスタッフの受けが凄く良かったとかー!!(笑)


これも元実家の大リフォームの余波の一つです。

お雛様(ガラスケース)-160214-1-2.jpg

お雛様(ガラスケース)-160214-7-2.jpg

お雛様(ガラスケース)-160214-4-2.jpg

お雛様(ガラスケース)-160214-5-2.jpg

お雛様(ガラスケース)-160214-6-2.jpg

お雛様(ガラスケース)-160214-2-2.jpg





お陰様で今日「160217(水)13:00」

救急病院から某老健へ、介護タクシーを利用して、無事移動が終わりました。

週末辺りから「今すぐにでも退院したい」風で、周囲を困らせていましたので、
ようやく退院出来て本人は納得。

老健に着くなり、今度は自宅外泊が何時出来るか聞いて来る始末。

1月下旬に突然あった、母の入院騒ぎのお蔭で「90%方出来ていた」
例の「報告書」がすっかり、ぱったり、止まったままです。

このままでは「確定申告」にすら影響しかねません。

どちらにしろ、「毎週(木)-(金)」の自宅外泊は、
今日の明日になるので「明日は中止」

「もう暫く体調等様子を見てから。」

となり、一応「今月いっぱいは施設内で大人しくしていて下さい」

とー。


母は落胆仕切りでしたが、そのお蔭で、
ようやく明日=木曜日、明後日=金曜日、と、少しは作業が出来そうです。

日が空いてしまっているので、まずは「思い出すだけで一苦労しそう」です。

「土曜日」には折り悪く、月一回の「修繕分科会」と「理事会」があり、
一日潰れてしまいます。




一方、元実家の一大リフォーム工事も、何せ、元が古いので違法建築ではないまでも、
予想外に手を入れないとならないところが次々見つかり、早くも頓挫して
しまいそうです。

オーナーである母が「被成年後見人」と言うことで、裁判所の許可が無いと、
母のお金は「1円たりとも」自由には動かせません。

通常、リフォーム等の大きなお金のかかる工事の場合は、工事の始まる前に
「着手金」として「予想費用の1/3から1/2位の金額を先に支払うもの」
だそうで、今回の場合、勿論それも出来ませんし、

「お金は全て後で良いから」
と仮に業者が言ってくれたとしても、
「裁判所の許可が出る前に工事を始めた」事がわかると、
ワタクシも「後見人剥奪(失格?)」として、場合に寄ってはそれだけは済まず、


「被成年後見人の財産を勝手に私した」


と解釈されて、なんらかの罰則を与えられてしまう可能性もあります。




本当ぅぅぅ~~~、っに!!


ア・タ・マ・ノ・イ・タ・イ・コ・ト!!!

ぽかぽか陽気。。-160213.(土) [徒然雑感]

毎日のように自転車で往復している母のお見舞いには

「打って付け」のお天気だったのですが、

体調がすこぶる悪く、朝一の用事を済ませたら、
その後に予定していた3~4の用事は全てキャンセル。
速やかに自宅に戻りましたー!

途中でひっくり返る訳にも行きませんしねぇぇ。。
母にも謝りの電話を入れて「ごめんなさい」。。

午後には楽しみにしていた「講演会」もあったのですが、それも諦めて。。






お陰様で母は快方に向かい、いろいろあったのですが、
前に居た老健に「今回限り」の条件付きで戻れることになりました。



皆さま、ありがとうございました。

こういう時に限って!!!(号泣!!) [徒然雑感]


眼鏡が壊れたー!!

このところ、急に視力が落ち始め、行く度にレンズ交換になってしまう。
老眼が入ったのか、年のせいか?
若い頃、それはそれは度の進み方が早く、眼科でしか眼鏡が作れなかった。

最近は軽い老眼と白内障の初期がみつかっていて、
調整(?)がいろいろ難しいらしいので、
やむをえずその眼科で眼鏡を作って貰っている。

だから、眼鏡を作る前に一応「眼科」の受診もしないとならない。


要介護の母を引き取ってから、「命の綱」とも言えた「カワック」が壊れたー!?

いつものように使おうとしても、洗濯物がなかなか乾かない。
ゆうに3倍の時間が掛かる。

このマンションんも新築で入居したが、早や9年。。
シンクのシャワーヘッドに、お風呂のシャワーフック、トイレの便座、
等々、「水回りは一応一通りやった」と思っていたが、
肝心要の「カワック」が「まだ」だったぁ~~ぁ!!!


元実家のリフォームも、あちこち疑わしいところが散見されたので、
「念のため」いろいろと検査をしてみたら、床下も屋根裏も、どこもかしこも
違法建築!!
殆ど「設計図無視」と言う酷さー!!

当初の予算がどんどん膨れて行く。
一体どうなってしまうんだろう・・???



唯一救いは「母が割と元気」なこと。
それでも「行き先」は「療養型病院」。。

あんなに元気になれたのになぁぁ~ぁ。。。

母、小康状態。。 [徒然雑感]

お陰様で母はすっかり元気。
今にも退院できるつもりでいるようです。(母本人だけ。。)

感染症の方は、抗生物質も効いて、めきめき良くなり、
おぼつかなかった会話もはきはきと元気な母が戻って来ました。

聖路加の代理受診も無事に終わりました。
レントゲンに写った「圧迫骨折」は、
初めに「骨セメント療法」の手術を受けた「2013年6月」の後に、
改めて「2013年9月」に出来ていた「手術を必要としない程度の軽いもの」
(つまり「古いもの」)だったこともわかり、
いずれにしろ今回は「手術の必要がなくなり」ました。

それにしても相変わらずの母のあの痛がりようは普通ではありません。

「古い圧迫骨折が治った同じ場所を改めてまた圧迫骨折することもある」し、
「一般的なぎっくり腰の可能性もある。」
「なんであれ、これだけ痛がっていては行くところがありません。」


とにかく痛いらしく、車椅子に移ることはおろか、
ベッドから降りることも到底無理です。

入院までお世話になっていた「老健」には勿論戻れません。
トイレにも行けず管が入っている状態ですので「自宅も無理」。
となると、「療養型の老人病院」しか行先はありません。

そこでは24時間、ただただ安静に寝かされているだけです。
人に寄っては「リハビリ」と称し、マッサージ程度の刺激はしてくれるようですが。。

そのまま寝付いたり、呆けたりしてしまう人も多いとか。。
出来れば行かせたくありませんが、今の状況では仕方が無いようです。。

金銭的掛かりの方も「老健」でお世話になるのの、
2倍から3倍も掛かってしまうようですが、これもいたし方ありません。。



今、母が居る「緊急入院した病院」は、「普通の病院」。
つまり、急性期の治療を必要とする病人の為の病院で、

緊急性の高い人、
より重傷である人、
手術などを必要とする人、

等々の為にあります。


母のように「特段の治療が必要ない」(=安静に寝ているだけ)の病人は
居ることが出来ません。



感染症に使った抗生物質などの薬が「2週間ターム」だそうで、
来週の木曜日迄投薬をして貰った後は「出来るだけ早く退院しないと」
ならないようです。




今の母には「退院はとても無理」。
従って、急いで「転院先」をみつけないとなりません。




先週木曜日の母の緊急入院からこっち、
母の書類関係は「全て」「ぱったりと止まったまま」になっています。


書類に当たっている時間が全く取れません。
なんとか時間が出来ても、ワタクシ自身がヘトヘトで、
書類を頑張る元気がとてもありません。。


一時は「万が一」迄覚悟せざるを得なかった母が、
ここまで回復してくれたことは実に嬉しい事なのですが。。





実際。。



困りました。。




参りました。。




疲れ切ってしまいました。。

でも、まだまだ続くんです。。。。。(泣きべそ。。)

義父、三回忌、無事終了。。 [徒然雑感]

この週末、主人は帰省し、一昨年亡くなった義父の「三回忌」法要を
無事済ませて帰京しました。

暖冬ですっかり安心していたのが、2-3週間前から急に寒くなり、
全国各地で記録的なドカ雪。
雪に寄る被害が続出!!
交通機関は麻痺状態!!

一昨年の義父の葬儀も雪に散々泣かされました。
さては今年もー?

とやきもきしていたが、なんとか「雪で大変な日」は上手く避けることが出来、
田舎の主人の実家でこじんまりと執り行った三回忌も無事に。。



その間、こちらは母の急な入院と、ちっとも好転しない病状にやきもき。。

今日=「160201.(月)」、お見舞いに行ったところ、
かなり顔色も良いし、話し方もはきはきしています。
たまたま担当医師の回診と遭遇。
お話も聞くことが出来ました。

「昨日今日と急によくなっています。
何より熱が下がったことが大きい。
感染症での入院は来週前半くらいまでになるでしょう。」



ああ。。神様!!

まずは良かったー!
ほぉぉぉ~~~っっっ!!!



が!

「圧迫骨折」の加療は「通常安静療法」で、ひたすらベッドに寝かされる。
だから「これ(圧迫骨折)」と機に寝付いてしまったり、
呆けてしまったりする方が実に多いと聞いている。

3年前に行った「聖路加病院」での「骨セメント療法」と言う最新式の手術も、
申し込んでから手術して貰うまで「4か月」は掛かった。

今の母の状態では「とても在宅には戻れません」
かといって「老健」に戻るのも無理なら、新しく申し込むことも出来なません。

「圧迫骨折」が完治してから、でないと「老健」は選択肢にも入れられません。


嫌でも「安静療法」で引き受けれくれる病院に転院するしかありません。

聖路加の手術が早く受けられるなら問題ないのだけど。。

聖路加でお世話になった放射線科となんとか連絡が取れ、
160204(木)14:00、に、母のレントゲンのCD-ROMを持参して、
ワタクシが代理で受診することになりました。




どうかどうかどうかー!

全てが上手く運びますように!!
天の上から見ているであろう父に、心底祈りたい気持ちです。。


メッセージを送る