So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016.08.21..... [徒然雑感]

2016.08.21.誕生日.jpg


××回目の誕生日。。





0816.には母の誕生日のお祝いもあり、0828.には主人の誕生日のお祝いもー。。

体調イマイチの上、更にお腹に負担がぁぁ~~~ぁ。。。

今度は歯痛ー!! [徒然雑感]

とうとう体調崩してしまいましたー!!

ワタクシ自身の爪剥がし、母の発赤(実は「蕁麻疹」だった)
等々。。
ようやく落ち着いたかに見えて、少し「ほっ」としたところ。。

ちょうど母の誕生日もあり、連日のちょいと贅沢三昧、ご馳走の連続。。

覿面、お腹に来ちゃいましたー!!


そこへ今度は母の歯痛ー!!


暮れから大きな虫歯があるのはわかっていたのですが、
母は腰が痛くて、歯医者さんのリクライニングシートや、
美容室のシャンプー台等に座れません。

そうなると歯科治療はほぼ不可能ー!!

「+&」を覚悟して、大学病院などを受診するしか
ないらしいのです。
しかし、今回の母の歯痛はいきなり来て、とにかく痛むらしい!!

暮れからあった虫歯ですが、歳を取ると痛みにも鈍感になる部分があるそうで、
特に母のように、治療が難しい場合は、「あえて治療を行わない」で
様子を見ていることが多いようです。

母の場合も「歯がぐらついて来た時」
「このまま抜けてくれるのが一番面倒が無いんですが。。」

と担当医師に言われていました。

  
あの我慢強く、殆ど愚痴らしい愚痴を言わない母が、
すっかり凹んで気弱になっています。
今のところ「痛み止め(ロキソニン)」の対症療法しか
ありません。

この10日位から、急にその歯がグラグラして来たらしい。
その一週間後位に、「猛烈に痛い!」と言い出しました。

治療してくれる特殊な歯科医を探していますが、
なかなか難しくて。。

疲労困憊 、疲れ切っている今のワタクシには
この母の治療が可能な歯科医探しはとにかく辛いです。。(涙)




どう頑張っても「母に」「何もしてあげられない」のがとにかく辛いです。

今年に入って、「ぐん」とー。

母の老いを感じています。
日一日と弱って行っているのが「なんとなく」わかります。。


まだまだ今暫くは元気で居て欲しい。。(祈。。)

重なる時はかさなるーーー!!!(更に号泣!!) [徒然雑感]

母がショートステイに行ってくれている間(大概週末の「2泊3日」か「3泊4日」が
今のワタクシにとって唯一の息抜き、かつ、休憩時間。。

普段、母が居て出来ない事、

友人との飲み会、花火大会見物、勉強会、買い物、理事会、等々々。。

を一気にこなす日でもある。

この週末は、お盆ウイークで、イベントらしいイベントが無し。
お蔭でゆっくり休養出来る、と皮算用していたが。。

8月12日(金)~8月15日(月)のショートステイ(お泊りケア)。

12日の朝10:00頃、施設のお迎えが来て、母が出掛けた。
眠いのでそのまま寝てしまいたかったのは山々だったが、前日に剥がしてしまった
爪をなんとか医者に診て貰わない事にはやはり不安だ。。

が、折からのお盆ウイーク!
いつもお世話になっている内科さんなど、悉くお盆休みに入っている。

字を書くのも大変!
お箸を持つのも一苦労!
包丁も普段あんなに人差し指を使っているとは知らなかった!!
このpcのキーボードだって、みすタッチが多くて本当に苛々する!!

右手の人差し指の先に包帯ぐるぐるなので、キーを上手に打てない。
また、たまさか、上手に打つ事が出来ても痛いことこの上無い!!(涙!)

指先に、薬を塗ったガーゼを替えて、テープ等で固定するだけなのだが、
右手指先なので、残った左手だけではどうにも上手く行かない。

たまたまワタクシがお世話になった病院は、土日や時間外も診察をしてくれている。
勿論「時間外料金」が発生するがーー。。

で、探しに探して、お盆中に診察してくれる病院になんとか辿り着いた訳だが。。
爪を剥がした翌日、母を「ショート」に送りだしてから、
区の保健センターに電話して、お盆でも診てくれる医者か病院を訪ねた。

「うちではわからないから、<119>に電話して聞いて下さい。」

え?
こんなとても非常時と言えない時に、<119>に電話しても良いの?

と思い尋ねたら、

「<119>はそうやって利用するんです。」

「はぁ。。」

まあ、とにかく急ぐ!
「今日」を逃したら、明日明後日は「土日」で、通常、お盆休みで無くてもお休みだ。

で、<119>に掛けたらー。

「では救急車を出動します。」

といきなり言われてしまい、大いに焦った。

「指先が尋常で無い痛みで困っていますが、後は健康ですから、
医者の名前と場所だけ教えて頂ければ自力で行けます。 
自宅の近くの病院かクリニックで、お盆休み中も診てくれるところを
教えて下さい。」

「救急車の出動は必要ないんですね。それならご自宅に近い××消防署に
掛け直して、そちらで聞いて下さい。
<119>はあくまで緊急の救急車か消防車出動の要請時に限られます。」

ほらぁ~~l!!
保険センターの職員の言ったことはなんだったのぉ~~ぉ!!

仕方なく「××消防署:」に掛け直して、やっとー。



一昨日12日(金)、ギリギリで午前中の受付に間に合い、診て貰うことが出来た。

「出来るだけ毎日、患部を見せに来て、その時看護士にガーゼを替えて貰いなさい。」
と医者は逝った。

なので、「出来る限り毎日行かないとならない」し、ワタクシ自身も激痛のする
患部を診て貰って安心したい。

不自由な指先を騙し騙し、炊事洗濯などを終わらせ、
「さあ、××病院へ早めに行って、午後こそ休もう!!」

と、今まさに出掛け打用としている所に、
母を預けている「ショート」の施設からの電話があった。

「お預かりする時に、お尻や背中におむつかぶれがあり、本人も相当痒がるので、
と伺っていましたが、どうやらおむつかぶれではありませんねぇぇ。。

背中一面から肩、脇腹迄酷い発赤です。
今日なら土曜日で、午前中なら医者に行けますから、
ご家族様、急いで迎えにいらして、病院で受診、的確な治療を受けさせて下さい。
お盆中ですが、△△病院なら診て貰えますので。」


確かに異常に痒がって、いくら「駄目だ」と言っても、
「スッとして少しは楽になるから。」
と盛んに患部にキンカンを塗っていた。

おむつかぶれの薬は貰ってあったのだが、本人に言わせると
「ちっとも効かない」らしい。

普段、あれほど我慢強く、滅多に騒ぐことの無い母が、今回ばかりは様子が違う。。


それでも「ショート」には看護師も居る事だしー。。

と、施設側に重々お願いして預けていた。
今週の火曜日(8月9日)に、かかりつけ医の診察を受けて、
専用の薬も貰っていたので安心していたのだが。

確かに背中一面、脇腹まで、となると、どう考えても「おむつかぶれ」ではない。

ほんの僅差で出掛ける前で本当に良かった!!

病院へ行く前に急いで「ショート」の施設まで母を迎えに行き、
迎車タクシーを利用して昨日伺った病院へ。

施設側が教えてくれた「△△病院」はワタクシは良く解らず、
また、ワタクシ自身も昨日の続きで「診て貰わないとならない」ので、
二人とも昨日伺った「××病院」へ行った。

昨日と同じく、午前中の受付ギリギリー!
しかもこの日は「土曜日」なので、原則午後の受付は無い。

先にワタクシの爪を診て貰い、こちらはすぐに済んだ。
医師も昨日の医師では無い為、「1」から説明が必要だったし、
「切ってはいけない」
と言われていた剥がれた爪の部分が、ぴらピらと遊んで、
それだけで痛くて堪らず、やや長めに伸ばしていた爪を切ることで
大分痛みが減るのもわかっていたので、思い切って切ってしまっていた。

夏は、手の指はマニキュアをしたいので、やや長めに爪を伸ばしている。
今回の爪の事故も、その「やや伸ばした爪」が大きな原因だったらしい。
足の爪もペティキュアで楽しむ。
殆ど化粧らしい化粧をしないワタクシにとって「殆ど唯一と言って良いお洒落」だ。

その剥がれかかった爪のマニキュアを取るのも痛かったが、
医者に診て貰いに行く為に必死に取った。
そうなると足の爪だけペティキュアをしているのもなんとも間抜けだ。


ようやく母の番。
お尻、背中、肩、等の患部を診て頂くがー。

医師の診断は「蕁麻疹」だと言う。
「1時間位の点滴をすれば劇的に良くなる筈だから。」

と、「1時間もの点滴」が急遽始まった。

施設のお昼を断って来ていて良かったー!
しかし?
今から「1時間の点滴」をして、近くでお昼を食べてー?

施設の方は、
「おやつは取っておきます・」
と言って下さっていたが、この流れでは「おやつ」にも間に合わないのでは?

一応、「点滴」をしているので、予定時間より施設に帰るのが遅れること、
従って「おやつも要らない事」等を伝える電話を入れた。

ようやく点滴が終わり、医師が再度診察してくれたが、

「おかしいなぁぁ・・?」

この点滴は即効性があり、点滴が終わる頃には蕁麻疹は殆ど薄くなっている筈だ、
とのこと。

この後は「暫く様子を見て」
「あまり良くならないようだったら皮膚科の受診をして下さい。
私も土曜日の宿直医で、専門では無いので。」
「ここの病院の皮膚科は木曜日だけ医師が来ます。」

木曜日。。
かかりつけのクリニックの皮膚科もその頃なら開いている。。

「いつもの医院へ行かれてもかまいませんよ。」


その後、近くでお昼を食べ、コーヒーを飲み、
(ランチビールも欲しがったが、流石に点滴をした後だし、
まだ解決していないのもあって、我慢我慢。。
勿論ワタクシも付き合って、我慢我慢。。)

施設に戻れたのは、夕方の5時近かった。

この頃には、母本人の痒みが大分落ち着いたようで、
患部の発赤も大分薄くなっていた。

「即効性」とは言え、流石に「打ってすぐ」って早過ぎただけかな?


ともかくは、朝電話を下さった、施設側の看護師さんに後を託して、
ワタクシはようやく家路へー。


一昨日(12日)と昨日(13日)とで、少し休養を取り、
部屋の片付けもしたいと思い、予定も組んでいたのだが、
ワタクシの病院ん通いはともかく、母の急な病院行きで、
予定が悉く狂ってしまい、ひたすらに参った2日間だったー!!


母の容態は、まだ「100%安心」ではないが、まあ、このまま
「落ち着いてくれるのではないか?」
と言う比較的良い状態で事が済んだ。。

これだけが今回の救い。。


   ああ~~!!!疲れたぁ~~!!!

爪剥がし!!  キャァァァァァ~~~~~!!! [徒然雑感]

今年から祝日になった「8月11日(木)」。。

朝起きて、部屋の窓を開けようとしたら激痛が走ったー!!
右手人差し指の爪が異様に痛い!!
勿論窓は開いていない!!

痛みをこらえて、朝の支度ー!
この日は3ヶ月に一度の「母とワタクシの歯科検診の日」

急がないと予約の時間に間に合わなくなってしまう!!

爪を見ると一応目立った変化は無いー?
しかしこの激痛はただ事ではない!!

5分程したらたらたらと流れる程ではないが、じわじわと血が滲んで来て、
触れるものに血が付いてしまうので何も出来ない!!

なんとか朝の支度を終え、朝ごはんで一息ー!
じっくりと爪を見てみると、人差し指の指先から爪の半分位のところに
横に皹(?)が入っていて、そこから先がぴらぴら状態ー!!

参ったなぁぁ。。
炊事にお風呂に、母の介護にー。
洗濯に母のトイレ介護など、右利きなのに、右手が使えないのでは
何も出来ない!!

案の定、この日の支度は遅れに遅れて、歯医者さんにも予約時間を
30分も遅れて着く始末ー!
いつも母が先で約30分、続いてワタクシでやはり大体30分。
母はもうかなり前から歯医者のリクライニングシートに身を任せて
斜め上を向いて座ることが出来なくなっている。

仕方なく、ほぼ直角に座ったまま、医師が下から覗き込むようにして
検診をして下さっている。

「私は出直しても良いので母だけは終わらせてほしいのですが。。」

「少しお待ち頂ければ、お二人とも出来るかもしれません。
他の患者さんとの流れもありますので、もし出来なかったらすみません。」

贈れたこちらが悪いのだから仕方が無い。

にしても、今日は長いー?
いつもなら30分前後なのに、今日は50分経っても終わらないー?

前回、大きな虫歯が奥歯に見つかり、問題になっっていた。

「普通なら抜いてしまいたいところですが、お母さん、リクライニング
出来ないので、流石にうちではこれ以上の治療が出来ません。
ベッドに寝かして、処置してくれるような専門の設備がある歯医者でないと。。
ただ、お年を召していらっしゃるので、痛みもあまり感じていらっしゃらない
みたいです。
だから暫くはこのまま何もしないで様子を見ているのが最善と思います。」

ということで放っておいたのだが、その奥歯が、最近ぐらぐらして
気になるらしい。
そんなこんなで時間が掛かったらしいのだが、
やはり「治療は無理」とのこと。

「いっそ、そのぐらぐらした歯が抜けてしまってくれたら一番良いのですが。。
もし<なんらかの治療が必要>になると、専門機器の揃っている
他の歯科に行ってもらわないとなりませんのでー。

もし歯が抜けたら、そのまま少し様子を見て貰って、本人が平気なようなら
来て頂く必要もありません。
もし炎症を起こしたり、本人が痛い、とか、何かしら気になる、と言う時は
また一度お出で下さい。」

そんなこんなで約「1時間」母に掛かってしまったので、
ワタクシは出直しとなった。

この歯医者は、関東一帯で、かなり大きなチェーン店になっているようで、
基本的に土日祝祭日でも診て貰える。
シフト制で担当医がお休みになる日はあるがー。

80歳を超えて20本以上の健康な歯が残っているのだから、
少しでもこの状態を維持していあげたいー!!

この日は、歯医者の後、外でランチにして帰宅。

洗濯物など通常の片付けなどして、休憩など挟んでいたら、
あっと言う間に夕方になってしまった!!

いつもなら「夕飯の支度」を始める頃だが。。
ワタクシの右手人差し指の痛みも尋常ではないので、
予定していた「荷物整理」もよほど日延べしたかったのだが。。

主人もちょうど帰省していて、この日なら「夕飯が遅くなっても大丈夫!」

母が自宅に居て時間があり、ワタクシも一緒に作業できる日が、実際なかなか無い!
とりあえず痛い爪の先はテープなどでぐるぐる巻きにして固定し、
前々から気になっていた母のベッド周りに仮置きした荷物整理を始めた。

弟一家が住んでいる元実家をリフォームする話が急にとんとんと決まり、
今まで実家に預けていた、祖父母や父母の和服、和ダンス、
また母が手編みしたセーター、カーディガン等、大量にあったのを
ずっと預かって貰っていた。

当然、リフォーム前に引き取らねばならない。
先に元実家に行って、選別をし、和ダンスを始め、かなりのものを処分した。

亡き父の思い出の詰まったもの達が多く、なかなか辛い作業になってしまった。
ワタクシの初節句に飼って貰った当時流行っていた「ケース入りのお雛様」も
「置き場所が無い」と言うことでゴミにー?

某施設で喜んで貰って下さる、と言うので、こちらも喜んで貰って頂いた。

このお雛様のような「第2章」が始められたのはごくごく僅かで。。

3月頃、弟が車で運んで来た山のような荷物の置き場所が無く、
仕方なくリビングにある母の介護ベッドの周りに仮置き(?)していた。

母の加圧トレーニングの先生やら、マッサージの先生、訪問リハビリの先生、
等々。。母のベッドある部屋にこそ、母への来客(客ではないが。。)が
毎週のように続くので、一刻も早く「スッキリ」と片付けたかったのだが、
捨てるなど、決めるのは母(母に決めさせてあげたかったので)だから、
母と一緒に作業出来る日がないとどうにもならない。

この剥がれかけた爪での作業はなまなかではなかったが。。
とにかく

    スッキリ!!


実に嬉しい!!

この日の夕飯は「23:00過ぎから」になったー!


明けて「8月12日(金)」。。

母を「ショートステイ」に送りだした後、医者に行った。
折からのお盆ウイークで、いつも行く医者は軒並みお盆休み。

あちこちに電話して調べ、ようやくカレンダー通り開いている医者を見付けた。

指の爪の剥がれは、ヒョウソウ、壊疽、等、菌が入ると怖いし、
後で大変なことになってから、では遅いから、出来るだけ早くきちんと
医者に掛かって、診て貰った方が良い。

とのアドバイスなども頂き。。

この日が「金曜日」だから、この日になんとか行かないと
明日明後日は「土曜日、日曜日」でお盆で無くても「お休み」になってしまう!!


「あらぁ~!やっちゃったねぇぇ。。
これは自然治癒しかないんだなぁぁ。。

暫くは水に付けない。
ガーゼとテープでしっかり固定する。

自然に爪が生えて来るのを待つしかないから、まあ、早くて1ヶ月かな?
とりあえず、今の激痛が落ち着くのは一週間くらいですね。

手当もいるし、なるべく様子を見たいから、極力頑張って、毎日来て下さい。


!!!!!  ま、毎日ぃぃぃ~~~!!!!!




母も主人の居ないこの週末。
友人知人の「お盆の付き合い」で、帰省しているか、家庭サービスがあるか。。

この週末は久しぶりにゆっくりして、余力があったら、まだまだ
果てしなくある「片付け物」を少しでも勧めたかったのだけど。。


炊事などの水仕事、お風呂、トイレ、etcetcetc...

出来ないことが山ほど~~!!



「痛い!!!」  し!!!(号泣!!)




花火大会。。-2016 [徒然雑感]

「いろいろ」あって、今年は「もう駄目だ。行けないー!」

と暗澹たる気持ちで半ば諦め、半ば諦めきれないでいた「花火大会」に、
本当に奇跡的に、今年も行って来る事が出来ました!!

160806(土)。。
この日は都内、また近郊を合わせると、20箇所位あちこちで「花火大会」が
あった模様です。

160723(土)、を皮切りに都内の花火大会が方々で始まり、先週はまさに
「花火大会ウイーク」。。
平日でも連日のように開催されていました。

まず、母が在宅している日は出掛けられません。
理事会や建築勉強会がある日のNGです。


また、花火大会のあの人混みや交通規制、汗まみれになる現場に行くのはちょっと。。

等々。。
なかなか「連れ」が見つからなかった時期に、2,3年、
なんどか「一人で」、花火大会に行ったこともありましたが、
「たった一人で行く花火大会」ほど、寂しく侘びしいものも無く、
なかなか辛い思いもしていました。

ひょんなことで見つかった「連れ」とは、既に「10年超え」の付き合いですが、
その「連れ」が、この春に退職した、というのに、退職前より忙しく、
平日、祝日、朝、昼、夜、と関わらず、常に何かしら先約があるように
なってしまいました。

そうです。

今年も「この連れ」と「行く約束」だけはしていましたが、
悉く開催日とスケジュールが合いません。
先方がかろうじて「行けそうな日」は「平日」が多く、
それではワタクシがまず間違いなくNGです。


次々と駄目になる「花火大会」行き。。

もう都内の花火大会は「この日しかない!」のが「8月6日(土)」でした!!

はっきりとは言われませんでしたが、どうやら先約がびっしりだったいみたいで、
「行けるか行けないか、お昼頃の連絡になっても良いかな?」



昼過ぎ。。
2時も回っていたので「やはり駄目かぁぁ。。」
と涙目で「なんとか諦めよう・・!!」と努力していたところに電話が。。

「夕方には××で待ち合わせ出来そうです。





キャァァァァァ~~~~~!!!!!

念願叶って行ってまいりました!!
初めて行った花火大会でしたが、「まるでフィナーレの連続」じゃないか?
と思うほど、素晴らしい花火が連続していました!!

すっかり満足しての帰り道。。

「やっぱりもう一つ位行きたいわねぇぇ。。」

とどちらからともなく言い出し、探してみてはいますが。。



「まず見つからないだろうなぁぁ。。」

と思いますし、また、万一「見つかっても」
それこど二人のスケジュールが絶望的ではないかと。。


やはりこの「花火大会」がこの夏最初で最後の、唯一の「花火大会」になりそうです。。





***********************
で。


一昨日からpcの不具合があって、繋げられませんでした。
その上、やはり忙しくメールもネットも見ることが出来ませんでした。

従ってご訪問なども一切出来ずーー。。

不義理を致しました方にはお詫び申し上げます。。

「小石川植物園」 [徒然雑感]

他のブロガーさん達の記事で、「都会のど真ん中とは思えない自然が豊富で良い。」
と、あちこちから伺い、前々から行ってみたかった「小石川植物園」に
とうとう行って来ました。

お誘いしたお方は、一回り程お年上の人生の大先輩!!
しかも田舎育ちとあって、自然の中で大いに遊ばれた方なので、
草木や虫、花など、本当にお詳しいのです!!

8月3日(水)、かなり暑い日で、最近多い、突然の雷雨を警戒しながら、に
なりましたが、なんとか降られることも無く、自然を満喫してまいりました!!

門を入ってまず、「セミの抜け殻」がたくさん!!
ころころと足元にたくさん落ちています。

そう、ここ「小石川植物園」は、
園内の草木を折ったり取ったり、は勿論NGですが、落ちているものを拾うのも
同じくNG。
実に厳しいのです!!

そのかいあって、ここの近くに生息する虫などは、みんな集まって来てしまうのでしょう。

ワタクシは殆ど花の名前も木も草もわかりませんが、
その方は本当にいろいろとお詳しくて、それらの草花で遊んだ遊び方まで
いろいろと教えて下さいました。

草木の上をアゲハチョウがー!
何年ぶりに目にしたことでしょう!!

今度はトンボ。
大きいの、小さいの、中くらいの。
蝉もミンミンと鳴いていました。

勿論蝉だって、鳴き声で種類がわかる訳がありません。
落ちて来ている実物を見たって、なんの種類が皆目見当もつきません。

先輩はぜ~~んぶわかっちゃうです!!
凄い!!です!!

草木での愉快な遊び方も教わりました。

元は陸軍の研究所だったそうですが、今は東大の大学院が管理しているそうです。
我が家からも近く、とても都会とは思えない、まさに「自然の宝庫」でした。

この道行が楽しかったのは、一重にご一緒して下さった某大先輩のお蔭が
本当に大きいです。

大先輩も、
「久しぶりに自然を満喫しました。
こんな素晴しい場所を教えて下さってありがとう。
ここなら近いしまた来ることが出来ますね。」


キャ!!!
「次」が期待できそうです!!


まさしく「命の洗濯」でした。。




<オマケ>

久しぶりに嫌というほど「蚊」に食われました!!
たまたま滅多に履かないスカートだったりしたので、
膝から足首の間は見るも無残です!!

に、「痒い!!!」ったら!!!


<オマケ-2>

画像を一枚も採らなかったのは大失敗でした!!

まあ、「次」に期待。。
その時は「絶対にスカートは止め、長袖長ズボン、虫よけスプレー持参の
完全防備」で臨みます!!

関東地方、梅雨明けー!! [徒然雑感]

松-160728.jpg

<松>

極楽鳥-160728.jpg

<極楽鳥>





平年より一週間ほど遅いそうです。

良く「梅雨明け10日」と言って、梅雨明けから10日間位は
気持ちの良い晴天が続くのが恒例ですが、今年は、

「梅雨明け10日ならず」

だそうで、晴れも安定せず、曇が多く、その上「雨!!」の日まであるとか!!
とりあえず「梅雨明け3日」ではありませんが、この週末位はなんとか
「晴れ」がもつそうです。

鬱陶しい梅雨が明けて、あまり暑いのはご遠慮申し上げたいけど、
それでも躍動感溢れる夏らしい夏が「ようやっと来たか!!」

と小躍りせんばかりに喜んでいたのですが。。


すっかり聞き飽きて、言い飽きてもしまいましたが。。

やはり「今年のお天気は変ですねぇぇ。。」


「大暑」・・??? [徒然雑感]

エアライズの花-160720.jpg

今日「7月22日」は「大暑」だそうです。

「うっそぉ~~ぉ!!」

と言わんばかりの涼しさが続く東京。。



東海以西は梅雨明けして厳しい暑さの毎日のようですがーー。

こちら関東では「梅雨明け秒読みか!?」と思っていた矢先、

連日の「5月並みの涼しさ」!?
とやらで、暑かった盛りの頃の恰好では「肌寒さ(!?)」位感じるほど!!

この陽気、ほんの2,3日で、すぐにまたあの灼熱地獄に戻るのだとばかり
思っていたら、この週末、少しは陽が差すものの、ずっと曇天で
有り難いことに(?)気温もあまり上がらないらしい・・???

しかしー?
なんとも天気予報、信用が出来ない。。

に、こんな涼しさが続いたら続いたで、農作物もイベント業界も
困り果てるだろうしー。。

かといって、またあの連日の酷暑には戻って欲しくないしー。。

って、まだ「梅雨明けもしていない」
夏本番も「まだ」なんですけどぉ。。。

「いとこ会」2016 [徒然雑感]

いとこ会-昔の写真(那須でのパン食い競走).jpg

昔、毎年のようにみんなで行った、那須のバンガローでの「パン食い競走」


約15年ぶりの「いとこ会」が新横浜であった。

母とその姉、その妹、の3家族が良く集まって、プールに行ったり、
夫々の家に遊びに行ったり来たりー。

それは仲良くことあるごとに良く遊んだ。

中でも那須の御用邸の近くにあるバンガローには、4-5年続けて通った。
3家族が時に2家族になったりもしたけれど。。

1家族に夫々2人ずつ子供が居て、また綺麗に年が1つずつ違う。
惜しむらくは最年長のワタクシ以外は全て男の子だったことだ。

所謂女の子の遊びが全く出来ない。
彼らはまた特にやんちゃで、次々と実に男の子らしい遊びを見付けては
目一杯精いっぱい遊んでいた。

元々「本を読む」等のインドア派だったし、小学生の時の女の子と男の子の
成長度合いは実にかけ離れている!
しかもワタクシが最年長、とあっては、じゃりんこみたいな従兄弟達と遊ぶより
伯母、母、叔母、達の手伝いをしたり、お喋りに参加していたりする方が
まだ「まし」だった。


もう50年近くも昔の話になる。。

最年少の従兄弟が既に55歳になろうかとしている昨今、
彼らも社会の中で、今まさにそれぞれの会社、業種の中で、一番の働き盛り!

みんな実に立派になった!

15年程前に初めて「いとこ会」をやった時には「地方に単身赴任していた者」が
一人だけ参加出来なかった。

今回はその彼に合わせて、なんとか「6人全員」が集まった。

話は尽きない。

ワタクシが全く知らない「男の子たちだけのちょっと危ない遊び」等も
初めて聞いたり。。



せめて「年一回」集まれたら。。
とは思うがー。

なかなか難しそうだ。

一足飛びに子供の頃に戻った数時間。。

いつもワタクシの足元をちょろちょろしていた坊や達が、今やすっかり
お爺さん顔。。

ワタクシだって勿論立派なお婆さん顔だけど、あんなに小さく可愛かった
彼らが、まさかあんな風になってしまうなんてー!!

若くなる人は居ないから、年を取るのは当たり前と言えば当たり前。
それでも不思議な違和感は否めない。。

みんな普通に年取って、良い味出している好々爺になっていた。

まだまだもう少し元気で、一人も欠けることなく、暫くは旧交を温めながら
時々会いたいものだ。。

お盆の「お墓参り」に行って来ました。 [徒然雑感]

2016お墓参り-1.jpg

雑草が凄くて、炎天下、きつかったです。

2016お墓参り-2.jpg]

根から取ると、土も玉砂利も駄目になってしまうので、あえて根から抜きませんでした。

<画像3>--何故かこの画像だけ馬鹿でかくなってしまいup出来ません。。(涙)

お墓に向かって、左側はまだ草を取っていません。
右側だけ、雑ですが、なんとかー。

一休みしてまた再開。。

ギラギラ照り付けこそしなかったものの、汗だくだくで頑張りました。

*********************************

車椅子の母と、付き添いはワタクシ一人。
真夏のようなぎらつく太陽でもなかったのですが、
とにかく暑かったのでタクシーで。

(比較的近いので、お天気次第では歩いて行く事も多いのですが。。)

この暑い中、殆ど正午頃、「お墓参り」に行って来ました。
ワタクシ一人で母を連れて行ったので、
お墓の花の周りの物凄く生い茂ってしまった雑草も、
ワタクシ一人で抜かないとなりません。

その間母は炎天下でただ待っているしかないので、熱中症も心配です。
期待していた木陰も無しー!(季節によってはある時もあるのですが。。)

本当なら根っ子から抜かないと、またすぐ大量に生えて来るのは
重々わかっているのですが、何せワタクシ一人、雑草の生えている範囲も
半端では無いし、たわわに生い茂ってしまった雑草にはもう歯が立ちません!!

仕方なくお墓の周囲を中心に、地面すれすれからちぎるように
切り裂くように引くようにして時間を大幅に節約。

お参りを済ませ、花入れの桶と箒をお花屋さんに返し、支払いをしー。
土埃で汚れてしまった、母の車椅子の車輪を、井戸水で洗わせて貰います。


やはり暑いので、このままタクシーでサンシャインへ。
タクシーの運転手さんが、サンシャインの車寄せを知らなくて、
俄かナビをしましたが、「2-300円がた」損した様子。

サンシャインをぐるぐる回っているうちにメーターが上がってしまいました。

この春、オープンした「火鍋中心の中華料理屋・シュウ」と言う中華屋さんで、
夏季限定の冷やし中華を中心にランチです。

最近は「オーソドックスな普通の冷やし中華」が食べられるお店が
本当になくなってしまいましたー!(いと悲し!)

ここのも、「オーソドックスで普通」か?
と聞かれると、答えが難しいところはありますが、
まあ、今時この辺で食べることが出来る「冷やし中華」としては、
「オーソドックス」にまあまあ近いです。

(後ほど少し修正します。おやすみなさい。)ーー「画像追加」のことです。

前の10件 | -
メッセージを送る