So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

初めての「雹」体験!? [徒然雑感]

朝から暑くて暑くて。。
その暑さを最大限利用して洗濯物を干す!!

暑い中、日焼け止めクリームとサンバイザーで完全武装してー!!

昼過ぎ、空が矢鱈と暗くなって来て、ぽつぽつと落ちて来た。
ちょうど母の訪問リハビリの療法士さんや訪問看護士さんなどがいらしていて
すぐには洗濯物を取り込めない。

まあ、ちょうど終わりかけていたのと、雨がそうそう急には酷くならなかったので、
まだ鷹揚に対応出来ていた。

リハビリ療法士さんや看護士さんが次の方のところへ向かう為帰られて、
急いで取り込んではみたものの、まだ生乾き状態。。

その頃には一応雨がやんでいたものの、空は真っ暗!
遠くに聞こえていた雷がかなり近くなっていてー!!

そのうち、雨や風の物凄い音に雷が時折交じる、なかなかの交響曲になり。。

取り込んだ洗濯物を浴室乾燥機に干し直す間も無く、家じゅうの窓と言う窓を
片端から閉めに回った。
その時には既に「雨」と言うより「雹」になっていてー!!

びっくり!!

直径2-3cmもありそうな堅い氷の塊が、まさしくバラバラと降って来る!!

窓にはあまり当たらないとは言うものの、当たったら相当のダメージを
受けるだろうなぁ。。
と思いつつ、防弾ガラスとまでは行かないけれど、
二重になっているし、防音は施されているから「まあ、大丈夫だろう。。」

とは

思ったものの、バルコニーに降って来る雹はもろにバルコニーの床面に
当たって、物凄い音を立てる。
2-3cmの大きさ、と言ったら「小石」程度なのだろうけど、
そんなものが無数に空から降って来るなんて、生まれて初めての経験だった。

よくよく思い返していみると、生まれてからずっと、
関東平野の中=都内で暮らして来ているので、「雹」に遭遇したこと自体が

「初体験」!!

のようだ。
あんな大きな(?)固そうな雹が空からバラバラ落ちて来る。
当たったら本当に痛そうだ。

玄関のドアも風圧で開けるのが一苦労。
「様子を見に」外へ出ようかとも思ったが、
マンション中が悲鳴を上げているかのように物凄い音で
きりきり舞いして、まさに悲鳴を上げているかのような状況で、
とても一歩を踏み出せなかった。

「そう長くは続かないだろう。。」

との思いは正しく、30分もしないうちに空は明るく晴れて来て、
雨も風も止んで、ついさっきまでの
「あの起床状況は一体何だったんだろう・・??」
状態。。

まさにバケツをひっくり返したような雨が降ったので、
流石に少しだけ涼しくなったのだが、部屋を閉め切っていたので、
すぐにむぅ~~ん、と暑くなって来てしまった。

今度は慌てて家中の窓を開ける。

銀行クリニックに出掛ける予定だったのだが、出かける前にこの騒ぎ。
むしろラッキーだったかなぁ~ぁ。。


リハビリ療法士の先生や看護士さん達はあの暴風雨の中、大丈夫だったかしらん・・??

一息ついた頃、TVのニュースで、駒込駅の駅舎の天井が剥がれてしまった、
とか、
普通の民家の窓が、雹で割れてしまって大変だった、
とか、
都内や神奈川のあちこちで、かなりの範囲で停電があったとか。。

山手線すら一時的とはいえ運転を中止した、とか。。



貴重な体験を致しました。。


この雨を潮に、梅雨明けするかもー、との話。

梅雨明け後の夏の暑さ、やはり長期予報の通り「尋常ではないらしい」
とのこと。


諸々気を付けて、なんとか乗り切れるよう、頑張りましょう!!

「お墓参り」に行けなくて。。 [徒然雑感]

今日(=170713)は珍しく母の予定が何もなくて、
今年25回忌になる、父のお墓参りを考えていた。

茹だるほど暑い毎日。
お陰様で洗濯物は良く乾くので助かる。

干す時と取り込む時はまさに地獄の様相を呈していたが。。
エアコンはもう起きると同時にスイッチオン。

昼前には33度を超えていた模様。
この暑さに寄る汗で、タオルはどれだけあっても足りそうにない。

その洗濯物を干す時、あまりにも風が酷く、
その風圧で窓の開け閉めすらままならない。

洗濯物は羽が生えた如く飛んでいってしまいそうだ。

それでもなんとか、いつもより50%増し位に、
厳重にピンチで風に対抗し、なんとか干し終えて、
遅めのお昼を食べ終えたら午後2時近くになってしまった。

お墓の近くにある花屋さんからは、店主のおばあさんがご高齢で、
「出来るだけ早仕舞いしたいので、3時前までには来て、
(お墓参りを)済ませて欲しい。」
と言われていた。

この猛暑の中、一番暑い午後2時近辺に、お墓まで出掛けるのも
どうにも辛かったが、その行きつけの花屋さんが閉まるまで正味1時間も無い!!

に、今日のこの風!!

暑いので、エアコンを入れていないところは窓が全開。
その窓から入る風だけで、リビングに置いてある小物や軽いものが
悉く宙に舞ってしまい、ひっくり返って壊れてしまったものまである始末。


あまりの猛暑と、
正味1時間無い時間と、
その酷過ぎる風と、

で、結局今日のお墓参りは諦めざるを得なかった。


明日=金曜日から来週日曜日迄、2泊3日のショートステイで自宅には居ない。
日曜日の夕方の帰宅なので、お墓参りにはとても行けない。
月曜日も朝から夕方までデイ・サービスに出掛けることになる。


やはり、どう調整しても「今日しか」、お墓参りに行ける日はなかった。。


8月の旧盆、また、父の命日が8月末にあるので、
その際にリベンジすることにして、母には納得してもらった。


昔、父も母も若く、私たちがまだ子供だった頃には、
多少の雨でもお墓参りには行った。(行けた。)

「年を取る」と言うことは「お墓参り」一つ、
自由に行けなくなることなのだなぁぁ。。


としみじみ。。



祝儀の会はともかく、高齢になると「不祝儀の席」すら、
なかなか思うに任せなくなる。

今回の事も「根っ子」は同じことか。。



極楽鳥の親分・・?? [徒然雑感]

ヘリコニア-2-170705.jpg


ヘリコニア-1-170705.jpg


ヘリコニア-3-170705.jpg


・・みたいな花。。

極楽鳥、軽く3本分位はボリュームがあります。
「ヘリコニア」とか言う名前のようです。

このまま極楽鳥みたいにあまり姿形を変えないのかしらん・・??
ご存知の方いらしたら、是非是非お教え下さいまし。。

母の転倒。。 [徒然雑感]

大事には至らなかったのだが、最近、母の転倒事故が多い。
多い時には日に3回4回と繰り返してしまう。


車椅子トイレ便座に腰掛ける時すら、
座り方がちょっと雑だったりするだけで
背骨の圧迫骨折をしてしまうほど骨粗鬆症が進んでいるほどなので、
いくら足から、とは言え、「転倒」には心底「ひやっ!」としている。


「聖路加病院」で「骨セメント手術」を受けたのは、もう4年も前になる。

酷かった数カ所の圧迫骨折を最新医療で手術して貰い、
更に骨粗鬆症ですっかり弱ってしまった骨を強くする薬を
丸々2年間、毎日自己注射した。

その後も、半年に一度の「プラリア」と言う骨を強くする薬を半年おきに
注射して貰いに聖路加病院迄通っている。

他に、その「プラリア」の補助剤としてビタミンの錠剤を飲んでいる。

それらのお蔭と本人の頑張りもあって、最近、母の健康状態は、
約10年前に倒れた時から比べると、間違いなく今までで一番良好と言える。

リハビリを頑張ってみても、少し良くなると、転倒したりなんだり、
で、元の木阿弥、と言うより、前よりもっともっと悪くなってしまう。

そんな一進一退どころか、一進数退を繰り返して、
いい加減嫌気も差して、強い痛みもあって、挫ける寸前だった時に、
「骨セメント療法」と言う最先端手術があることをワタクシが見つけた。

そのつい少し前まで「保険適用」が無く、実際には「100万円単位」での
お金の準備が必要だったらしい。
幸い、ワタクシが見つけた時にはギリギリで「保険適用」が叶っていて、
「50万円以下」で出来た。
(そうでなければ流石に受けられなかっただろう、と思う)。


実際には、手術の為の入院の前に、いろいろと行う検査に通うのが
一苦労だったし、母自身の体力的にもきつかったのだが、
手術を受けた後は、まさに奇跡的に回復し、殆ど痛みがなくなっていた(らしい)。

中には「術後、歩けるようになる人」も居るらしいのだが、
残念ながら、歩けなくなってから日が経っていた母の足では無理だったようで。。
(最初に倒れてから5年以上過ぎていたので、足そのものが
 もう「歩ける足」ではなくなってしまっていたようだ。
 実際、80歳を超えた母の足は、まるで生まれたての赤ん坊のように
 つるつるで柔らかで、白くてなめらかだ)。


「骨セメント療法」と、その後の注射のお蔭などのお蔭で、
母の骨は大分強さを取り戻した。

元々「元気印のお外様」だったのだが、突然のくも膜下出血で倒れ、
2か月近く、微動だも出来ずに寝かされていて、あっという間に歩けなくなった。
骨粗鬆症にもこの時、急速になってしまったのだと思われる。


車椅子からトイレの便座に。
或はその逆。
車椅子からベッドに。
或はその逆。
家用車椅子から外用車椅子に。
或はその逆。

等々。。

真っすぐ前進するのなら、訪問リハビリの時に練習しているピックアップ歩行器で
結構上手にこなす。
10mくらいなら楽に歩けるのだが。。

真横に動くのも、ゆっくりではあるがまだなんとかなるようだ。
(勿論、バーなどにつかまりながらの伝い歩きではあるがー。)

トイレの時は、100%、ワタクシが手引きで介護している。
それでも90度から120度位の動きが返って難しいようだ。


「どうしてここで?」
「なんでこうなるの?」


と言うような「なんでもないところ」で、足元からぐずぐずぅ~・・っと
座り込むように転倒してしまう。

一旦お尻が床に着くともういけない。

ワタクシ一人がどう頑張っても母のお尻を車椅子の便座の高さには戻せない。



幸い今のところ、大きな怪我は無い。

このまま「杞憂」に終わってくれたなら良いのだが。。




お陰様で9年10ヶ月。。 [徒然雑感]

「向日葵徒然に。。」

なんとなく始めたブログでしたが、その数か月後に母が倒れ、
あっと言う間に介護日誌に成り果てました。

介護中心の愚痴愚痴日記にも関わらず、皆さまに応援頂いたり、
励ましても頂いたり、で、おっつかっつでただただ夢中。
随分と力を頂いて来ました。


母の介護と平行して書いて来ましたが、この5月で「9年10ヶ月」。。

来月には「10年」の区切りになります。

皆さま、いろいろとありがとうございました。

今後とも何卒宜しくお願い致します。

**********

こんにちは、向日葵さん。

日頃よりSo-netブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。
今月のブログレポート≪前編≫をお届けします。

So-netブログ 「himawari turedureni」のブログレポート/5月分 ≪前編≫

フィーチャーフォン(ガラケー)のログイン機能終了

向日葵さんのブログの活動状況

ブログ年齢 9年10カ月

マメ度 3 あなたのマメ度は標準的です。
フレンドリー度 5 あなたのフレンドリー度は最上級です!
※マメ度:前月の記事更新数に応じて算出されます。最高マメ度は「5」です。
※フレンドリー度:前月のnice!数に応じて算出されます。最高フレンドリー度は「5」です。

**********

★★★ブログレポートのpdf.の作り方、張り付け方がわからなくて、
   こんな形での掲載になってしまいました。★★★

少し風邪気味です。。 [徒然雑感]

このところ、スケジュールが詰まっていたので、
ある程度仕方が無いのかもしれません。

170616.(金)に、前々から言っていた横浜のイングリッシュガーデン行きが
急遽決まり、都内から横浜まで、横浜からタクシーでイングリッシュガーデンへ。

(送迎バスがあったのですが、時間のタイミングが悪く、時間の節約でタクシーを
奮発しました。)


ちょうど紫陽花が見ごろとあって、普段なかなか見られない種類や、
従来の紫陽花とは印象のかけ離れたものなども盛りだくさんに見られ、
7-8年に行った鎌倉の紫陽花とはまた違った風情を楽しんで来ました。


イングリッシュガーデンは、元々薔薇で有名で、ワタクシとしても本来は
薔薇がもっと見ごろな5月中旬に行きたかったのですが、
知人の都合が悪く、「今年の薔薇はもう諦めていた」ところへ突然行く事に
なった次第。。


「紫陽花と遅咲きの薔薇」

が一応の謳い文句でしたが、紫陽花はともかく、薔薇は残念ながら
やはり「時期遅し」で、残骸と言った萎れたもの、枯れたものが多くーー。

今回は紫陽花を堪能しましたが、次回は「来年、きっと薔薇を見に来よう」
と約束して別れました。


翌日170617(土)は、朝から「170618(日)」に開催される
マンションの「総会」の最後の質問想定対策会議でした。

今、何処のマンションでも修繕積立金の倍、4倍、と言った
高騰が問題になっていることと思いますが、うちのマンションでも
今回「ほぼ2倍」に跳ね上がることになり、
「総会」での紛糾は免れないだろう、無理も無いだろう、

と言うのが大方の理事の前もっての予想でした。
それだけに質問想定会議は回を重ねました。

また、数週間越しになっていた、自宅の洗濯機の給水ホースの受け取りに、
この日の午後、ようやく行く事が出来、その足で、もう一件用事を済ませ。。

息せき切って帰宅。
とって返して、きよたんさん主催の「都電オフ」の後の
懇親会(at「れんこん」)へ。

「れんこん」さんは一度行ってみたかったお店でした。


本当は「都電オフ」にも参加予定だったのですが、あまりに時間の余裕がなく、
万やむを得ず、泣く泣く諦めた次第。

後から伺って、更に残念なことがまたまた発覚!!
この日の都電オフの最初の方だけ、
かの2K師匠とyokoteeさんが参加なさっていらした!!

とかー!?



うわお!!
ワタクシは前々から2Kさんの大ファンですし、yokoteeさんとも
いつか機会があればお話ししたいと切望していたので、
本当に残念なことをしましたー!!


ちょいのりさんがお勤めしていらっしゃる「れんこん」さんは、
既にso-netブロガーの間では超有名店ですが、

リアルでも、大の人気店らしく、予約をしておかないとなかなか
席につけないようです。

一人で行くのに少し迷いましたが、美味しいお料理やお酒に、
皆さんで舌鼓を打ちました。

皆さんは「れんこん」さんの後、二次会へ繰り出されましたが、
ワタクシは。。


かなり疲れても居ましたが、明日に本番を控えた、マンションの「総会」のこともあり、
「れんこん」さんだけで失礼させて頂きました。

いつものワタクシなら「二次会」位は止められても行きたい派、なんですが。。


170618(日)になりました。

昨日の(土)に受け取って来た「洗濯機の給水ホース」を取り付け、
午前中に洗濯などを済ませ、
朝昼兼用の食事を軽く取っていたら、あっと言う間に「総会」の時間です。



3年前、抽選で突然、理事になって、1期=2年を済ませました。
「やれやれ」と思っていたら、今度は入れ違いで「母が」抽選で当たってしまい、
(母には到底無理ですから、ワタクシが代理人となって)
また2年、始まりました。

その2年も後1年。。



ワタクシの理事生活も丸3年を過ぎました。

午後1時半から開催の少し前に先乗りし、会場の準備のお手伝いをします。
いよいよ問題の「総会」です。

修繕積立金の相当増額に加え、東京オリンピックに絡み、
民泊・シェアハウスの禁止等、
今年の総会は問題が山積みです。

丸3年、理事を経験させて頂いて、ようやく少し内容がわかって来ました。

勿論どの年だって、「総会」準備は半端無く大変なのですが。。







「総会」が終わりました。

「え?」

と思うほど、あっけなく、何時になく質問も少なく、反対票もかつてなく少なく。。

ベテランの理事さん達も気が抜けるほど「あっさり」と済みました。



おそらく住民オーナーの皆様も、東日本大震災や、東京オリンピックの影響等、

「心境的には嬉しくないけど、仕方ないものは仕方ない。」

とご理解下さり、「大人の対応」をして下さったのでしょう。。



これでなんの憂いも無く、夕方からの打ち上げで美味しいビールで乾杯できます!!

またすぐ今週末には次の期の理事会が始まる訳ですから、気は抜けませんが。。






そんなこんなで、昨夜は物凄く眠かったのですが、母が居ない
(「お泊りケア」に行って貰っていました)
この僅かな時間に、出かけていることが多く、ワタクシ自身の事が
何も出来ていず。。

単にぐだぐだと休んだり、このso-netブログを更新したり、なんですがー。。
(いや、ブログ更新は大変大事ですよね!?)




「どうしてもしたい気持ち」が勝ってしまい、睡眠をそっちのけで、
pcと格闘してしまいました。



当然のように寝落ちしてしまった訳ですが、夜中に結構冷えたのか、
朝方、目が覚めたら喉がガラガラです。

元々少し風邪気味で、鼻水と格闘していたのですが、
どうやら夏風邪を引いてしまった模様・・??


11時から予約していた「マッサージ」を仕方なくキャンセルしました。
咳込んでいてはマッサージを気持ちよく受けられませんしー。。

ドタキャンだったのでお店側にも悪い事をしました。





母がもうじき「お泊りケア」から帰宅します。。

今頃になって猛烈な睡魔に襲われています。。

なんとかなるかしらん・・??

いや、なんとかしないとー!!

するしかありません・・!!

      でも。。。眠いなぁぁ~~ぁ。。。。。。


ブログ仲間さんの写真展に行って来ました。。 [徒然雑感]

梢-2017.初夏.png

噂の一等地、花の銀座で開催でした!!
前々から「行きます!」「行きたい!」と言いながら、ずぅっと果たせず!!

なんとかかんとか数年越しでの実現となりました!!

その方の作品はもとより、どの方の作品も、写真への熱意が迸っていて、
どれもこれも夢中になって撮られているのが全身にひしひしと感じられます。
毎年同じ会場で開催され、今年は既に「8回目」になるそうです。

何もかも忘れ、こんな風に夢中になれるものがある。
とても素敵で、人生かくありたい!!
とつくづく思わせて下さいました。



当のご本人は。。

びっくりするほど可愛くて若い!!
素敵なおばば様!!でした!!
そして「綺麗」!!


淡い緑の梢を撮った写真(topの画像です)はとても綺麗で、思わず、

「こんな空の下で寝転んで眺めていたい!!」

と言ったところ、

「××の木の下なんてどろどろでとても寝転がれないよ。」

(「××」は何かの木の名前でしたが、すみません、忘れました。)

と一緒に行ってくれた知人に笑われてしまいました。

写真展の彼女は、そんな無知なワタクシの発言にも終始にこにこして下さって。。
彼女と連れの友人と、で短い間でしたが、写真の専門的な話に花が咲き。。

その内容にはとてもついて行けず、とても驚いてしまったワタクシです。

友人とは長い付き合いですが、ワタクシはこの方が写真もするとは
全く知りませんでした。
(あ!それで、この日の写真展にも付き合ってくれたのかしらん・・??)

何せとても多趣味多芸な方なので。。



彼女の写真は勿論、時々upされる「ばばばか日記」にもいつもにんまり
させられています。

孫は勿論、子供も授かれなかったのですが、
小さい子はとにかく可愛くて可愛くてー!!

子育ての苦労を知らないから言える事なんでしょうけどー。。




帰り道、写真展会場のすぐ近くにあった、「コージーコーナーの一号店」と言うお店で、
当日付き合ってくれた友人と、美味しいパフェとコーヒーを頂きました!!

「コージーコーナー一号店」を教えてくれたのはその友人です。
流石「コージーコーナー一号店」・・!!

綺麗で夢々しい店内。
美味しいパフェ、美味しいケーキ(友人はケーキでした。)
美味しいコーヒー、で一息つきました。

銀座へのお出掛けそのものも随分と久しぶりでした。。
こんな穏やかな、ゆったりした午後も久しぶりでした。。

(この後、デイから帰宅する母と競争で自宅に猛ダッシュしたのでしたが。。
                         苦笑。。)


45年目のクラス会。。 [徒然雑感]

クラス会2017-1.jpg

クラス会-2017-2.jpg

クラス会-2017-3.jpg


中学時代のクラス会がありました。

なんと「45年目」!!
「全員還暦」になる年です!!

クラス会そのものは、今回が「4回目」。
約10年前から始まりました。

ワタクシも2回目の時、幹事をしましたが、かつて46人居たクラスメイトでも
その日出席できるのは20人に満たないことが多いです。

私立だったので、中学の卒業生は、殆ど(8-9割?)そのまま上の付属高校に
進学しました。

約10年前、高校に行く時、付属に進学しなかったかつてのクラスメイトの
強い要望で、中学時代のクラス会が初めて開かれました。

以降、2-3年に一回の割で行われています。
出席者が当時の半分にも満たないので、殆ど全員が幹事経験者。
2回目の人も少なくありません。


時間を忘れお喋り三昧。
全員の順番の自己紹介で、殆ど時間を使い尽くしました。



このクラス会が始まったばかりの頃は、「孫」の話、「介護」の話、
等は、まだ少数派で、近い将来「みんなが夫々に直面していくんだろうなぁぁ。。」

と言う予感ははっきりとありましたが、約10年経った今回は、
半分以上が「介護生活真っ最中」でした。

中には、介護生活の果て、既に見送った方、
親の介護ではなく、連れ合いや、自分が大きい病気をして入院した、
等々、いよいよワタクシ達も「老境」の入口に差し掛かったことを実感致しました。


ーーーーー

画像のupがどうしても出来ません。
後日改めて挑戦してみます。



「新宿御苑」の薔薇園。。 [徒然雑感]

170525(木)、予定通り行って来ました。<「新宿御苑」の薔薇園

朝から生憎の雨模様だったのですが、この日を逃すと、また来年・・??
車椅子には雨は天敵。
車椅子に乗っている母が傘をさすと、傘の骨の先がちょうどワタクシの目の辺りに来て危ない。
車椅子を押しているワタクシが傘をさすとーー車椅子を押せない・・!!

従って、どうしても雨の日に外を歩く時は、母もワタクシも合羽等で完全防護するしか
ないのですが。。

久しぶりに母の予定が無い珍しい休日とあって、朝は久々にのんびり。。

昼近くに近所での所用を幾つか片付けて、午後1時頃の自宅発となりました。


「新宿御苑」迄は割とすんなり。。
「副都心線」の「新宿三丁目」で降りてから、がなかなか大変でした。

HPなどでは「バリアフリーの通路がある」と書かれていましたが、
何処を見ても無し。
まあ、幸いに雨も殆ど降って来ない。雨模様のお蔭で、
(火)(水)と続いていた真夏のような暑さも一休み。。

お蔭でなんとか行って来れた、と言う感じです。


「新宿御苑」迄も、わからない道を結構歩きましたが、
「新宿御苑」の中もまた、延々と歩きます。

舗装も簡易舗装か、お洒落歩道になっていて、車椅子には辛いー!!

でもまあ、ここまではまだ良し。


広い「新宿御苑」の「新宿門」から入ったのですが、目指す薔薇園があるのは
フランス庭園地区で、「新宿門」のちょうど逆。

その点は始めからわかっていたのですが、
「新宿三丁目」で降りて「新宿門」迄「約5分」。
「新宿門」からフランス庭園迄「約10分」。

フランス庭園に一番近い「大木戸門」からだと歩いて7分。
しかし「大木戸門」への交通アクセスがあまり良くありません。
しかもその最寄り駅から「大木戸門」」迄も「10分」だか歩く?

「新宿御苑」の中を歩くのなら、街中を歩くよりは「いろいろと良い」のでは?
とも考え、どちらにしても歩くしかないみたいなので、「新宿門」から、と
してみました。

フランス庭園に向かう途中、都会とはとても思えない森林浴さながら、
新緑の中を通りました。

とにかく広いので、結構距離があって、かつ、下(地面)も、
あまり「車椅子向き」ではないので、評価は難しいところですが。。

途中、「温室」の傍を通ったので、ついでに寄ってー。

主に熱帯、南国の植物がいろいろとありました。
「絵を描いている方」があちこちにいらして、
「入場料200円」なら「毎日でも通える」・・かな・・??

等と思いながら。。

母は「身障者一種一級」を持っていますので、身障者割引で「無料」になります。
付き添い一名も「無料」なので、アクセスさえ良ければ毎日でも来られます。

まあ、そう何事も上手くはいかないものです。。


さて、温室を出ると「大木戸門」に突き当たってしまいました。
フランス庭園はまだまだ先ー?

そこまでの行き方が良くわかりません。

極力動線を短くしたいのですが、案内の矢印掲示板が今一つ不親切です。

かなり大回りをした挙句、なんとかフランス庭園の薔薇園に着きましたが。。


入場する時に、係の方からも言われていましたが、
「フランス庭園の廻りはかなりの広さで砂利道になっていますので、車椅子だと。。」

「知っています。ともかく行ってみて、実際に歩いてみないと解らないので、
行くだけでも行ってみます。」

と答えてはいたのですが。。

確かに本格的な砂利道です!!
車椅子のタイヤがとられて進めません!!
特に前進は殆ど無理!!

仕方なく後ろ向きでゆっくりゆっくり進みました。

薔薇園はかなり大きく、いろいろな薔薇が咲き誇っていて綺麗でしたが、
砂利道が本当に花壇の際まで迫っているので、眺めるにはまだ良くても、
香りを嗅ぐまで近づくのは残念ながら見合わせです。

行くのがギリギリ。。
と言うより既に遅かったきらいもあり、肝心の薔薇たちが殆ど終わりかけていました。

咲き誇っている時に豪華で綺麗な分、萎れかかった薔薇や、枯れかかった薔薇は、
より一層惨めに悲しく見えてしまいます。

それでも、砂利道に四苦八苦しながら、左腕の痛いのも問わず、
頑張って薔薇園を約一周。。

午後3時過ぎにだいたい見終わってー。

もう疲れ切っていました。母もワタクシも。

「新宿御苑」は「午後4時閉門」です。

「新宿門」から歩いて来た側とは反対側には「日本庭園」やら、
まだ幾つかあるのはわかっていましたが、4時の閉門迄にはとても間に合いません。

いい加減疲れても居て、一刻も早く休息したいところです。


ここからまた「新宿御苑」の反対側の「新宿門」迄歩くのぉぉぉ・・・!?!?

一番近い「大木戸門」でも、もう動きたくありません。
と言って、ここで夜明かしも。。

勿論係員や警備員に追い出されること必至ですが。。

とにかく頑張って「大木戸門」迄戻りました。

「大木戸門」からタクシーで「新宿駅」の南口に行き、JRを利用して。。
と考えました。

程なくつかまえたタクシーの初老の運転手さん。

「新宿駅の南口はタクシーが停められない。遠距離バスのターミナルが出来てから
規制がとても厳しくなって、身障者の車すら停められなくなってしまった。」

そうです。

「南口の裏道までしか行けないけどそれで良ければ。。」

と言ってくれたので、それでお願いしました。

「タクシー乗り場を作ってくれるよう、タクシー協会などからも呼び掛けているんだけどね。」

「全く誰がやってるのか知らないけど、本当に迷惑な話だ。行政のお偉いさんは
全くわかっちゃいない!!」

とブツブツブツブツ、偉い怒りようです。

ワタクシ達身障者の立場に立っていろいろ言ってくれているのは解りますが、
通常のタクシーの運転手と客との会話らしい会話が無いまま、
始まってしまったらいつ果てるともなく続く運転手さんのお怒りに、
母もワタクシも内心少し怖く。。

母はいつも助手席に座り、ワタクシは後部座席に荷物と一緒に乗るので、
この時お互いに会話は出来ませんでした。

近い距離だったのですが、道路が結構渋滞していて、
「新宿駅南口」迄意外に時間が掛かりました。

「400円前後。だいたい基本料金位で行くよ。」

と始めに聞いていたのですが、メーターを見ると「650円」
そこから「身障者割引で10%引いて貰って。。」
と口にするとー。

「お客さんの為になれてないんだからお金なんて貰えないよ。」

と言って、料金を受け取ってくれません。

車中、ずっとブツブツ言っていたのは、一重にワタクシ達身障者等、弱い立場の人達が
それでも使わなくてはならないタクシーが「行政などのまずさの為に」
使いにくくなっていることへの不満や怒りでした。


駅のすぐ近くで下ろして貰っていた筈なのですが、なかなか「新宿駅南口改札」迄の
行き方がわかりません。

うろうろとかなり迷ってから、なんとか甲州街道のバスターミナル側に出ました。

そこにも「新しい改札口」があったのですが、

「エレベーターが無いので、ホームまで行くにはやはり南口改札を入って下さい。」

「!!!!!」


あの「新宿駅」!!
あのマンモス駅!!

には、南口改札にしかエレベーターが無い!!(怒!!)のです!!

だから「西口改札を抜けてすぐ」の京王デパート等で「待ち合わせ」になったりすると、
まずホームを一番南口まで移動して、エレベーターで南口改札迄上がり、
「それから」でないと、新宿の何処へも行けません。

南口改札から西口改札近くの京王デパートまで、延々と駅の周辺を移動しないとならない。

毎回の事ではありますが、随分と良くなった、とも言われていますが、
我が国日本のお寒い障碍者対策は「この程度」なのです。



まあ、怒りを胸に抑えて、南口改札迄移動します。
まだ「エレベーターがあるだけまし」

実際に「エレベーターが無い」駅も、山ほどあるのですから。。

(この件は「障害者差別」として結構問題にはなっているようです。
「エレベーターが無い駅」は、どう理屈をつけても「身障者には利用できません」から。
「身障者」は他の駅を利用するしかなくなってしまいます。
それを「差別」だと考えるようです。)


その新宿駅では、ようやく辿り着いた「南口改札」で、延々と20分以上待たされる羽目に。。

「係がすぐ来ますから。」

の一言で。

何度頼んでも「忙しくて駅員の手が回りません。今暫く待っていて下さい。」

確かにその駅員さんの責任ではないのですがー。。

南口改札の雑踏の中、しきりに人が行き交います。

母もワタクシも疲れ果て、トイレにも行きたい、水も飲みたい、

・・・・・・それでも「ただただ待つ」しかないのです。。


係の方がようやく見え、改札口からホームへ案内してくれます。
(正直、案内など無くても充分にわかっています。)


降りる駅ホームのエレベーターの位置に合わせて「場所を決めます」。

場所が決まってから、降りる駅に連絡をして、
「手動(式車椅子)、かい(介護者)有り」
等、細かい特徴を話します。

その間に何台か電車が行ってしまいます。
これまた「ただただ待つ」しかありません。

ようやく乗れる電車が来ます。
母が乗り込む電車のドアに「渡り板」を駅員さんが設置します。

電車とホームの間に簡易的なスロープを作るものです。

正直、何回、「渡り板なんか要らない!!その分早く行かせて!!」

と思ったことでしょう!!

しかしー。。
「万一」があります。

「出来るから」「できそうだから」

と「渡り板」をあえて使わないで、勝手に乗り降りして、
「万一」の事故が発生したら。。


「膨大な賠償金」程度で済めばまだ良いですが、命に関わったり、
怪我でもしたりしたら。。


やはり怖いので、いつも従順に決まりを守るしかありません。


降りる駅には、何台かの電車をやり過ごして迄待たされて、連絡をとっていた
お蔭(?)もあって、ぴたりと降りるその場に、駅員が立って待っていてくれます。

駅員の力量にも寄るのですが、混雑時、緊急時等、駅員が上手く交通整理をして、
一般のお客様も車椅子の母やワタクシも、双方が上手く乗車出来るよう
諮らって下さいます。


こうして、なんとか目的の駅に着き、ややは遅めでしたが、
百貨店レストラン街に行って、ようやくトイレに入り一息ー。
そのままそのレストラン街の中のお店で夕飯にして、「乾杯」もしてー。


薔薇はイマイチ期待外れでしたが、降られることも無く行って来れて、
本当に良かったです。

砂利道の様子もわかりましたし、行き帰りのアクセスも了解。
「新宿御苑」の中の地図も大体頭に入りました。

「次」があるかどうかは、まだ未定ですが。。

まあ、薔薇園はともかくとしても、桜や他の花なら楽しみようもあるようです。

昼下がりの森林浴は本当に気持ちが良かったです。

今回の「新宿御苑」行き、一番の収穫はこの「森林浴」だったのかもしれません。





長い長い文章を最後まで読んで頂いて本当にありがとうございました!!

「あ!」と言う間!! [徒然雑感]

山法師-170522-2.jpg

山法師-170522-1.jpg
                         --山法師ーー

    
季節の移ろいが本当に「あっ!」と言う間!!

ついこの間まで桜に心躍らせていたのに、
藤も終わって、
躑躅も終わって、
気が付いたら薔薇も、もう終わりかけている!?!?

急がなくちゃ!!

母にもなんとか薔薇を見せてあげたいと、
あちこちのHPをまわっていたのだが、
そこまでのアクセスが悪かったり、
道路が砂利道だったり、
「旧古河庭園」みたいに、階段を下りないと薔薇園に行けなかったり。。

なんとか近くで行けそうなのが「新宿御苑」だったで、
今日、母の訪問リハビリが終わった後、僅かな時間しかなかったのだが、
「偵察を兼ねて行ってみよう」
と言うことになっていた。


がー!

昨日、一昨日よりは幾分「まし」ではあったものの、
流石に今日の暑さでは、午後2時からの外出は「かなり」躊躇われた。


元々は今週の木曜日に、と思っていたのだが、
「木曜日にはかなりの雨」
と言う予報だったので、多少無理をしても「今日、降っていない時に」
と計画した次第。

明日水曜日からお天気下り坂は同じなのだが、
木曜日も「曇」で、なんとか「降らない」でいてくれるらしい。

「曇」の分、今日よりも大分凌ぎやすくなるとも。。

とは言え、「新宿御苑」の薔薇園周辺は、花壇のすぐ傍まで、
砂利が敷き詰められている、と言う話で、車椅子使用者の評判は
得てして良くない。(当たり前だが。。)



「木曜日」のお天気次第、ではあるが。。

前の10件 | -
メッセージを送る